« 明日は久々に! | トップページ | 現実逃避、、、 »

2006年8月28日 (月)

離婚したの?!(ワールドグランプリ 日本-ロシア)

久々に、リューバ(シャチコワ)のプレーが見られてうれしい限り。
選手紹介で、ソコロワと旧姓で紹介されていたんで、「え!? ひょっとして離婚!?」と思いきや、さすが三宅アナ、直後に丁寧に「結婚してシャチコワと名前が変わっていましたが、離婚してソコロワに戻りました」と解説してくれた。なるほど、と納得。アテネではメダル獲得のために急遽ナショナルチームに呼び戻された(現役復帰?)、という感じだったが、ひょっとしたらこれでもう少し長く彼女のプレーが見られるかも(笑)

それにしても首をかしげたくなる今日の日本の戦略、、、。試合が始まってからずーっと、ひたすらサーブでリューバ狙い。何考えてんの??? と思いきや、またまたさすがは三宅アナ。直後に丁寧に「ソコロワをサーブで狙うように試合前から指示が出ているようです」と解説。なるほど、とこればっかりは納得できない! 「は!? 意味がわからん!」

ご存じない方もたくさんいらっしゃるかもしれないが、リューバ(シャチコワ・ソコロワ)と言えば、恐らく女子バレー史上で最も素晴らしいプレーヤーだと言っても過言でないと私は思っている。彼女が最も脂ののっていたワールドカップ1999での活躍ぶりは、ワールドカップレポ(詳しくはこちら)に書いたとおりであり、何よりも「スパイク賞とサーブレシーブ賞のダブル受賞」という燦然たる記録が物語っている。その彼女を敵に回して、彼女をサーブで狙うなんて、、、あまりにも浅はかすぎる。そういった指示を出すベンチもベンチなら、それに何の疑問も感じない選手も選手である(まさか、彼女のことなんか知らなかったなーんて、全日本に選ばれているような人間にはそんな言い訳が通用するわけがない!)。世界の舞台ではしばらくブランクがあったとはいえ、実際今日のロシアの戦いぶりを見ていても、彼女がゲームを組み立てているのは手に取るようにわかる(サーブカットの要であり、チャンスボールもリベロではなく、彼女が取りに行く、、、リベロに任せるときは彼女がリベロに指示を出す)。

実力で負けること対しては別に、厳しいことを言うつもりはないが、今日の全日本の負け方はそれ以前の問題である。

|

« 明日は久々に! | トップページ | 現実逃避、、、 »

コメント

はじめまして。
いつも楽しく見させていただいております。
今日のロシア戦、、結局ストレート負けでしたね。
なんか、2004年のアテネ以後柳本さんの戦術は、かなり保守的に思えてしまうんですが、管理人さんからみたらどうなんでしょうか?
今の日本の実力&カードからいったら、これしかないんですかね・・。
柳本さんは2003年にはアテネで金と言い、2005年には北京で金と言い、2006年には北京でメダルを取れたら良いとか言ってますが、最終的に出れたら良いとか言い出しそうで・・・←ありえそうで恐ろしい。
というか、このブログを柳本さんに見ていただきたいです。
最後に、全日本女子が世界の競合と対等に競っていくためには、どんな戦術、選手起用が理想なのでしょうか。
では、また来ます!
アディオ

投稿: 町子 | 2006年8月28日 (月) 00時53分

睡魔に負けて寝ていました。
見ていないのですが、
相手チームのもっとも素晴らしい選手を狙うのもひとつの戦術です。その選手の気合を揺るがすくらいのサーブ力は北京までにチームとして身につけてほしいですね。

投稿: サブ | 2006年8月28日 (月) 05時38分

>相手チームのもっとも素晴らしい選手を狙うのもひとつの戦術です

確かにそうだけど、ダメだとわかったら切り替えることも重要じゃないの?
通用しない事を続けて、負ければいつも同じ敗戦コメント・・・
何か一つでもこういう事をやりましたってモノはないんですかね。
ここのブログの方が、勉強になります。

投稿: ブッシュ | 2006年8月29日 (火) 03時06分

いつも拝見してます。
ソコロワ選手は、
以前日立でプレーしていた頃なら、
崩れたかもしれない。
でも、その後大きく成長したのが
メンタル面ですよね。
もう、ロシアの中心選手。
アルタモノワを上回る勢いでの活躍ですね。
長身選手が多く守備の不安も、彼女の復帰で
相当、緩和されたように思えます。

投稿: kazuya | 2006年8月29日 (火) 15時03分

レスが遅くなり、申し訳ございません m(_ _)m

>町子さん
私も、アテネオリンピック後の柳本監督の戦術は「守り」に入っているように感じます。恐らく、それには監督自身だけでなく、廻りの影響が多分にあるような気もします(煽り立てるマスコミ、ファンの注目度の高さ等々、、、)。
「サーブカットが日本の生命線」なんてよく言いますが、そもそも世界の強豪と戦ってまともにサーブカットが返った試合なんてあったでしょうか?? 「日本の本来の(サーブカットの)力はこんなものじゃない」と思っているから、そういう発言が出てくるんだと思います。「レシーブ能力が世界の強豪よりも劣っている」そういう認識にまず立つべきです。自分たちがやろうとしていることが崩れた(崩された)ら、たちまちそれで終わりというのではなく、崩されるはずだと端から想定していれば、自ずと進むべき方向は見えてくると思います。因みに、今年のVリーグ女子優勝チームの、レギュラーラウンドサーブカット成功率は下から2番目です、、、。

>サブさん、ブッシュさん
私の言いたいことは、まさにブッシュさんが代弁してくださいました。
確かに、相手チームの上手な選手を狙うのもひとつの戦術ではありますが、そこにはやはり「レシーブ能力は相手より日本の方がレベルが上だ」という思いがあるからでしょう。相手の方が全然レベルが上だとわかっているチームと対戦するときに、相手チームの一番素晴らしい選手を狙ったりするでしょうか?
「これがダメなら次はこれ、それでもダメなら、、、」それぐらいのことを考えていなければ、世界の強豪に立ち向かえるはずもありません。逆に「木村沙織(選手)さえ狙って崩せば、こっちのものだ!」と向こうは思って当然でしょう。向こうの方が断然レベルが上ですから。

>kazuyaさん
今思えば、彼女が日本でプレーしていたなんて、もの凄いことだったと痛感しますね。久光のケニア選手なども、数年後には「あの頃は日本でこんなすごい選手がプレーしてたんだなぁ」なんて思う日が来るかもしれませんね。

投稿: T.w | 2006年9月 1日 (金) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/11639986

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚したの?!(ワールドグランプリ 日本-ロシア):

« 明日は久々に! | トップページ | 現実逃避、、、 »