« たまには男子(ワールドリーグ 日本-アメリカ その1) | トップページ | またまた男子(ワールドリーグ 日本-ポーランド) »

2006年7月23日 (日)

たまには男子(ワールドリーグ 日本-アメリカ その2)

左利きのアンドレ選手をライト/オポジットに配置したブラジル男子ナショナルチームの唯一の弱点として、彼が前衛レフトの位置でのサーブカットフォーメーションがあった。

バックオーダーが常識の現在のバレーシステムにあっては、ライト/オポジットの選手が前衛レフトのローテーションでは前衛はレフト側から「ライト/オポジット・裏センター・表レフト」(セッターと隣り合うレフト・センターを表レフト・表センターと呼び、その対角を裏レフト・裏センターと表現する)と並び、このローテーションではラリーになってもそのままの位置でプレーを続ける。以前、フロントオーダーの欠点として「各ポジションの専門性が保てない」ことを挙げた。それはライト/オポジットの選手と「裏」レフトとの関係において生じる問題なのだが、実はバックオーダーでも6回のローテーション中1回だけ、ライト/オポジットの選手と「表」レフトとの関係においてこれと同じ問題が生じ、それが今問題にしているローテーションなのである。従って、現在のトップレベルのバレーシステムにおいては、表レフトと裏レフトの配置は、前衛ライトをこなす能力によって決まっている(その能力が高い方が表レフト)ことが多い。

例を挙げると、、、
・パイオニア:
表レフト 〜第10回Vリーグまでが斎藤元選手・第11回が榛沢選手・第12回が栗原選手
裏レフト 佐々木選手
・久光製薬:
表レフト 落合選手
裏レフト ケニア選手
・東レ:
表レフト 向井・イェレナ選手
裏レフト 大山選手

表レフトに配される選手が前衛ライトをこなせるとしても、ライト/オポジットに配される選手が前衛レフトをこなせなければ意味がない。これまで男子バレーの世界では、ライト/オポジットに配される選手はスーパーエースであり、チームで一番2段トスを打ち切れる選手なのであるから、前衛レフトをこなすことなど何の問題もなかったわけだが、ブラジル男子ナショナルチームの敷いた新しいシステムでは、左利きの早い攻撃を得意とする選手が前衛レフトをこなさなければならないという問題が(唯一)生じた。そのためこの当該ローテーションで意外と失点する結果となり、その際にレゼンデ監督は、左利きのアンドレ選手を右利きのアンデルソン選手に交代させる戦術を採っていた。

昨日・今日のアメリカ男子ナショナルチームは、ライト/オポジットにスーパーエースのスタンリー選手ではなく、右利きの小型で、早いトスを打ちこなせるマッケンジー選手を配し、4枚サーブレシーブを採っていた。右利きの選手のため、上述のブラジル男子ナショナルチームの呈した弱点は問題とならない。そして象徴的だったのが、各セットいずれも、以前の投稿で問題に挙げた「セッターが後衛センターに位置する(=ライト/オポジットが前衛センターに位置する)サーブカットローテーション」を最後に回ってくるローテーションにしていたことである。このローテーションだけ、以前私が名付けた「男子型」のサーブカットフォーメーションとなるために4枚サーブレシーブが採れず、監督としては「最も弱点となる」ローテーションと考えているようだ。今年の世界バレーに向けて、世界各国が「どのローテーションからスタートするのがトレンドか?」意識してみていきたいと思う。

|

« たまには男子(ワールドリーグ 日本-アメリカ その1) | トップページ | またまた男子(ワールドリーグ 日本-ポーランド) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/11076468

この記事へのトラックバック一覧です: たまには男子(ワールドリーグ 日本-アメリカ その2):

« たまには男子(ワールドリーグ 日本-アメリカ その1) | トップページ | またまた男子(ワールドリーグ 日本-ポーランド) »