« 【配列】黒鷲旗にて(初の写真アップ!) | トップページ | 【配列】前回の解答(その2) »

2006年5月22日 (月)

【配列】前回の解答(その1)

まずお礼から。
サブさん、ディーラーさん、コメント及びご回答頂き、ありがとうございました。

さて、解答だが、せっかくお二方に貴重な意見を頂いたので、それに則って書いてみる。

実は、この問題を考える段階で期待された「典型的間違い」が、ディーラーさんの回答のとおりの「8番(大村選手)・10番(鶴田選手)・11番(ケニア選手)」である。恐らく、プレー経験のない方はほとんどはこの回答を思い浮かべるであろうし、プレー経験者でもこの回答をする方が多いと思う。
ただ、ディーラーさんが奇しくも指摘してらっしゃる「写真を見ると、フロント3人の位置取りは微妙」というのが、実はかなり重要なポイントである。恐らくディーラーさんは、ご自身の回答の矛盾点に気づいてらっしゃると思う。即ち、「オポジット」の「成田(選手:2番)がバックライトにいる」ということは、当然対角のセッターである鶴田選手(10番)がフロントレフトにいるはずで、「鶴田(選手:10番)  大村(選手:8番)  ケニア(選手:11番)」がフロントの3人であるならば、鶴田選手(10番)は大村選手(8番)よりも左に位置していないとポジショナルフォルト(反則)となるため、写真から見て明らかに間違いとわかる。

なぜわざわざ「2秒以内に」答えるように指示したのかと言えば、要するに上述のように「最初から問題のチーム(久光製薬)の各選手のポジションに関する知識」を頼りに回答されるのを避けるためである。ディーラーさんは、久光製薬の各選手のポジションを恐らくもともと知っているはずで、それに基づいて冷静に時間をかけて考えれば、上述のようなことに気づくはず(実際ご自身の回答の矛盾に、後から気づかれたはず)である。更に言えば、サブさんのコメントの通り、確かに冷静に時間をかけて考えると、この久光製薬の各選手の知識が全くなくても、バレーボールのポジショナルフォルトに関するルールを正しく理解していれば、正解が5通りあるというのは「正しい」。サブさんは、それを理解したうえで「2秒で答えるのは至難の業」とコメントして頂いたはずだが、それはあくまで「ルール上での可能性の話」であって、そんなことを言っていたら試合には残念ながら勝てない。全く未知の相手チームと試合する場合に、試合開始時の相手のサーブレシーブフォーメーションがこの写真のような状態であったとしたら?? 「至難の業」と言って済まされるはずはないのである。

では、いよいよ解答。上述の通り、「最初から問題のチーム(久光製薬)の各選手のポジションに関する知識」に頼らずとも、自ずと正解には到達する。プレーヤーの視点から言えば、まず相手チームのフォーメーションを見て、瞬時にまず把握すべきは「誰がセッターか?」であり、ラリー中のセッターの定位置である、「ネット際のセンターからややライト寄りの位置(今回の写真で言えば、サーブ側のチームの前衛レフトに位置する6番の選手とネットを挟んで向かい合う位置)」に向かって、サーブが打たれた瞬間に一直線に向かおうという足の向きをしているプレーヤーがセッターであり、従って10番がセッターであると瞬時に判断できる。それと同時に、セッターが後衛であることにすぐに気づかなければならない。なぜならば、セッターが前衛であるならば、最初からネット際について自チームのコート側に体を向けている方がプレーしやすいはずであり、わざわざ相手チームに体を向けて、かつ8番の選手よりも明らかに後方に位置しているというのには、それはポジショナルフォルトのルール上の制約のためでしかあり得ない。従って、実はセッターが10番と判断できるとほぼ同時に、その10番の真ん前に「配列」上位置する選手が8番と判断でき、かつ8番は全選手の中で最も左かつ前に位置することから前衛レフト・そして自動的にセッターの10番が後衛レフトと判断できる。となると、後衛レフトの10番より左側に位置する11番は後衛ではあり得ず、前衛に決まる。

従って、ルール上で「実際的に」あり得る解答は、「8番・11番・3番」か「8番・11番・2番」の2つとなる(ユニフォームの色の違う14番はリベロであり、前衛はあり得ないので)。この2つで迷った方は「かなりいい線」と言えるが、「8番・11番・3番」と回答した方は、恐らくはプレー経験のない方であろう。前衛3人ともアタッカーであるならば、わざわざ3人ともレフト寄りに位置させることには、アタックフォーメーションを考えれば全く無意味である。従って「現実的に」あり得る解答は「8番・11番・2番」となる。これが正解である。

こうやって、言葉で書くと「ホントにこれを瞬時に見分けられるの?」と(特にプレー経験のない方は)思うかもしれない。実は、そこにもう一つのポイントがある。

|

« 【配列】黒鷲旗にて(初の写真アップ!) | トップページ | 【配列】前回の解答(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/10180944

この記事へのトラックバック一覧です: 【配列】前回の解答(その1):

« 【配列】黒鷲旗にて(初の写真アップ!) | トップページ | 【配列】前回の解答(その2) »