« 拝啓:セリンジャー監督 | トップページ | 新監督決定 »

2006年4月25日 (火)

日韓戦(パイオニア-興国生命)

韓国チーム(興国生命)は非常に若いメンバーで、完成度もまだまだなのであろうが、それにしてもパイオニアの圧勝だった。

第1セットのスタート早々、いきなりパイオニアはレオのパイプから攻撃を仕掛け、それに相手チームが1枚しかブロックについてこられないのを確認すると、試合を通じてVリーグ決勝の時とは別のチームであるかのように、ひたすら時間差攻撃のオンパレードだった。即ち、興国生命は基本的に「スプレッド」で構えており、マンツーマンシステムが基本であることが明らかとなり、それを確認の上でマンツーマンシステムに最も効果的(「バンチ・リードブロック」システムには逆にカモになる)コート中央付近での時間差攻撃を多用したということである。確かに年齢・キャリア的にみて両チームの各選手には大きな差があったわけで、それが「パイオニアの圧勝」の繋がった印象もあるが、それだけでなく、チーム全体としてみたときに「相手チームの戦術をいかに早い段階で見極めて、それに最も効果的な戦術を組みたてるか?」に大きな差があったことが、「パイオニアの圧勝」の本当の要因であったと思われる。

恐らくは、興国生命も前日のパイオニアの試合を見て、各ローテーション毎のブロックのマークなどをシミュレーションしていたのだろうと思われる。なぜならば、Vリーグオフィシャルサイトの公式記録をみると、前日の久光戦では、興国生命は各セット毎にローテーションのスタート位置を変えていない(全く未知のチームと対戦するから、シミュレーションは立てられなかったのであろう)が、パイオニア戦では自チームのサーブから始まるセットでは、ローテーションを一つ回す戦術を採っているからである。ところが、結果的にはパイオニアも全く同じ戦術を採った(パイオニアとしては、前日の久光戦での興国生命がローテーションをセット毎に動かしていないのを確認して、いつもどおりにローテーションを動かした)ために、結果的には各セット毎にお互いにローテーションが「ずれて」しまっていた、、、。

一方、パイオニアのブロック陣は、いつものフランシーの位置にユウが入ることでかえって安定していた。彼女は派手さはないが、パイオニアのセンター陣の中で、もっとも堅実なリードブロックが出来る選手ではないかと個人的に思っている。昨年の黒鷲旗もアサコに代わって彼女がレギュラーで出続けて、結果として後衛のレシーブ陣は極めて安定したディグを展開できていたし、今年のVリーグでも彼女がピンチブロッカーでコートに入ると、パイオニアのブロックシステムはその時だけ極めて「バンチ・リードブロック」に近くなるように感じる。

|

« 拝啓:セリンジャー監督 | トップページ | 新監督決定 »

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。突然で失礼とは思ったのですが、どうしてもわからないので、思い切って質問させていただきたく、コメントにお邪魔いたしました。「世界水準の大会では、勝率>得点率>セット率」なのでしょうか?バレーボール世界大会のHPで探してみても、わかりませんでした。
(パイオニアファンとしては、先日の日韓トップマッチでの2位に、えっ?だったので。)この場に不適切なコメントでしたら削除してくださいませ。

投稿: トパーズ | 2006年4月27日 (木) 00時21分

>トパーズさん

初めまして。
実は、、、その件については、正直私もよくわかりません。ですが、FIVBのオフィシャルサイトをみると、今年の男子のワールドリーグも女子のワールドグランプリも、勝率の次に得点率が優先されるシステムのようです。真意の程はわかりません。
ただ、今回の日韓戦についてはパイオニアと久光との直接対決はないという、変則システムでのたった2試合ですので、あぁいう何か歯切れの悪い順位の決まり方でしたが、実際の国際大会ではそんなに問題ないのかな? と思ったりしています。いい加減な回答で申し訳ありません。

投稿: T.w | 2006年5月 1日 (月) 00時10分

ご回答ありがとうございます。
得点率優位もめずらしいことではないのですね。ルールの細かいところは知らないので、不思議に(というか納得いかな~いと)おもいましたが、結局、そのときのルール次第ということで、素人にはなかなかわかりにくいですね。しかも、頻繁にルール改正があるらしいし、よ~く見聞きしなくては。
ありがとうございました。
これからも、楽しみに拝見させていただきます。

投稿: トパーズ | 2006年5月 2日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/9755163

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓戦(パイオニア-興国生命):

« 拝啓:セリンジャー監督 | トップページ | 新監督決定 »