« 決勝前に、ちょっと休憩、、、 | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その2) »

2006年3月 6日 (月)

決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その1)

アップが遅れたのは、土曜日の早朝に新幹線で、試合会場(東京体育館)まで向かったからでした。

書きたいことはたくさんあるのだが、やはり第2戦。ファイナルラウンド初戦から勢いに乗り、第1戦をものにした久光に大きく傾いていた流れが、パイオニアに変わったターニングポイントは何だったのか?

第2戦、パイオニアはスタートローテーションを一つ回してきた。以前書いたように、パイオニアはスタートローテーションを決めるにあたって、相手チームのフォーメーションを考えた上で決めてくるチームである。セリンジャー監督が最終的に何を判断材料にしたかは私にはわからないが、一つは少なくともやはり今年のパイオニアの一番の勝ちパターンである、メグのサーブでいかに点数を稼ぐか? 稼げなくても、いかに相手にプレッシャーを与えられるか? に託した部分があると思われる。

ローテーションを一つ回してスタートすると、メグのサーブの際、久光の前衛はケニア・成田・先野の3選手となる。このローテーションは、以前何回か書いたように、久光にとって実は意外に弱点となるサーブカットローテーションである。オポジットに入っている成田選手がサーブカットの要となっている久光では、このローテーションで前衛センターの彼女が、サーブカットから外れることが出来ず、そうするとこのローテーションで彼女の真後ろに位置するセッターの鶴田選手が、彼女より前に出ることが出来ないために、かなりコート後方からネットに向かってスタートしなくてはいけない。そのローテーションでメグのサーブがぶつかると、普通のサーバーが打ってくる場合よりも、さらにコート後方に成田選手が構えざるを得ない。たとえ彼女が見事なサーブカットを返したとしても、まず間違いなく彼女は攻撃には参加できない。さらに、セッターの鶴田選手がネットまでたどり着いて、セットアップまでの時間的余裕がないために、先野選手の速攻も使えない。すなわちほぼ完全にケニア選手のレフトオープンしかない。さらにもしケニア選手が一発で決められずにラリーになると、サーブカット後に成田選手がネット際まで戻るのにも時間を要するために、今年の久光の持ち味であるバンチ・リードブロックシステムを組み立てられない。対するパイオニアの前衛は、レオ・リー・フランシーの最強ローテーションであり、そこでフランシー・レオの高い2枚ブロックをケニア選手にぶつければ、彼女のミスを誘いやすく、そうでなくてもワンタッチさえとって、トランジション(切り返し)でコンビを使えば、久光はバンチ・リードブロックをとれないだけに決まる確率が高い、、、。

実際にはメグのジャンプサーブでの連続得点がそんなにあったわけではない。ケニア選手が必死に一発でレフトオープンを決めて、「何とかしのいで」いるケースが多かった。しかしコート外から見ている以上に、コート上の選手達及び真鍋監督としては恐らく追い込まれていたのだろう。第2戦の勝負を分けた第3セットをとられた久光は、第4セットにスタートローテーションを一つ回してきた。

|

« 決勝前に、ちょっと休憩、、、 | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8976420

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その1):

» Vリーグ決勝 [華日記]
日曜日はパイオニア×久光製薬の決勝戦を観に行ってきました! どのセットも12〜5点辺りでパイオニアがリードするも、久光が粘って20点辺りで追い付くという展開。どっちがセットを取ってもおかしくない内容だったけど28-26,25-23,29-27と、ストレートでパイオニアが勝ち、優勝しました。 あーん、残念!セットポイントまでは行ってたのに〜(>_... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 16時44分

« 決勝前に、ちょっと休憩、、、 | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その2) »