« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) | トップページ | や、やられた〜 »

2006年3月19日 (日)

決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その7)

後日の再放送のフジテレビ739の放送を見た。第3戦の第3セット、19−18ぐらいの場面から解説の中田久美さんは試合が終了する29−27まで、実は一言も(!)しゃべっていない、、、。もちろん緊迫するゲーム展開であったため、解説者も食い入るように見入ってしまった、と言えばそうなのかもしれないが、やはりテレビ中継の解説としてはまずいと思う。

今年の決勝は、戦術的に完全に男子バレーの領域に入っていた。正直言って、そろそろVリーグ女子の試合の中継も、女子バレーしか見ていない(と思われる)関係者が解説するのは限界がきているのではないかと思う。今年の決勝を解説できるとすれば、男子バレーを普段から見ている、あるいは世界のバレーを実際に解説している関係者でなければ、難しかっただろうと思う。具体的に名前を挙げれば、ヨーコ・ゼッターランドさん、あるいは杉山明美さん、そうでなければ、男子バレーの関係者にやってもらうしかないように思う。だからと言って、久光の先野選手ほどの有名な選手を知りもしないで試合が終わるまで「矢野選手」などと呼び続けるという、明らかに選手名簿などの資料を読み間違えたとしか思えないような失態を演じた男子バレー関係者にはやってもらいたくないが(あぁー、書いちゃった!(爆))。

もう一つ言いたいのは、私も会費を払っていて、このサイトからもリンクを張っている「JSVR バレーボール学会」について。バレーボールの普及と発展のために研究しようというのなら、なぜよりにもよって国内の最高レベルの大会であるはずのVリーグの決勝戦の行われる土日に、年に1回の総会を開くのかなぁ?! こんな素晴らしい決勝の対戦を目の前で見ないで、何を研究するというのか? これでは現実にそぐわない、机上の空論について研究していると言われても仕方ないと思う。大いに反省してもらいたいものだ。

|

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) | トップページ | や、やられた〜 »

コメント

はじめまして。関東に住むバレーボール未経験者(専門はテニス)のディーラーと申します。

私は‘03WCでバレーボール観戦に目覚る以前は全くバレーボールを観たことが無く、「あのユニの違う人って何者?」「2段トス?2枚換え?」というレベルでした。

そして、バレーボールの面白さにハマってしまった私がその戦術やポジション別の選手の役割などをもっと知りたいと思うようになったとき出会ったのが、「SUIS ANNEX」だったのです。
もう、食い入るように読ませて頂きました(笑。特に‘99WCのコラムは、試合分析、戦術分析とも秀逸で、バレーに青春を捧げた人?だからこそ書けるものだと思いました。

そんな管理人さんがブログを始められたことは大変嬉しく(思わずガッツポーズをしてしまいました)、またまた最初から食い入るように「読み込んで」しまいました。12V決勝の分析も私のようなシロートには気が付きにくいことを的確に指摘しておられて、ナルホドと納得すると同時に自分の未熟さを再確認した次第です。

お忙しい中の書き込みは大変かと思いますが、今後とも管理人さんの鋭い分析を楽しみにしております。

投稿: ディーラー | 2006年3月19日 (日) 11時45分

>ディーラーさん

初めまして。コメント有り難うございます。'03年ワールドカップは一番忙しい頃で、もちろん何とかかんとかビデオを駆使して見ましたが、HP自体は放ったらかし状態でした。そんな状況でもここを見てくれてらっしゃる方がいらっしゃったんだと思って、非常にうれしかったです。有り難うございます。

これからも出来るだけ、プレー経験のないファンの方にもわかりやすい説明を心がけていきたいと思いますので、何か気づいたことがあれば遠慮なくコメントお願いしますね。

投稿: T.w | 2006年3月26日 (日) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/9152175

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その7):

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) | トップページ | や、やられた〜 »