« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その4) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) »

2006年3月18日 (土)

決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その5)

我ながら、どこまで続くんだろうか???

久光もホントに素晴らしいバレーを展開した。以前「リードブロック」と題して書いたときには、リードブロックの完成度はNECが一番であろうと書いたが、それは去年のリーグまでの話で、今年の久光はそれを完全に上回った。現在のVリーグ女子チームで見れば、久光と武富士がリードブロックの完成度でトップ争いをしていると見て良いだろう。よく、「リードブロック」システムは、背の小さい選手がいるチームでは採用できない、という意見があるが、私はそうは思わない。実際この2チームはセッターがどちらも背が低い。それでもここまで「バンチ・リードブロック」を完成させられるんだ、といういい証だと思う。

例えば、決勝戦2戦目以降、パイオニアはサーブカットが乱れそうになると、すかさずレオがサーブカットをするようにフォーメーションを変えてきていた。久光はそれをきっちり見極めて、レオがサーブカットフォーメーションに入れば「バンチ」で構え、レオがサーブカットフォーメーションから外れてライトからのバックアタックに回ると、「スプレッド」で構えていた。

サーブカットの正確性も、今年のVリーグ女子チームで見ると、久光は抜きんでていた印象がある。リーグを通しての記録上では、久光はトップではなかったが、ファイナルラウンド及び決勝戦という、本当にプレッシャーのかかる試合で、しかもリーグでのサーブ効果率2位だったパイオニアを相手にして、あれだけ安定したサーブカットを全試合通して展開できたのは本当に素晴らしいと思う。現在の日本の男子バレーと女子バレーを比べて、一番技術に差があるのは、何といってもサーブカットの技術であろう。女子バレーが世界でトップ争いをするために必要なのは、女子バレーの戦術が男子バレーのそれを確実に追いかけている以上、男子バレーにいかに近づくかことが出来るか? であることは間違いなく、その意味でも各チームは久光を見習う必要があると言えよう。

|

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その4) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/9147170

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その5):

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その4) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その6) »