« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その3) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その5) »

2006年3月18日 (土)

決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その4)

何度も書くようだが、バンチ・リードブロックを切り崩すには、両サイド(特にアンテナの幅いっぱいを使った攻撃)をいかに意識させるかが重要である。これまでの(バンチ・リードブロックシステムが普及する以前の)バレーにおける攻撃のセオリーでは、「自チームのエースのレフト攻撃に対する、相手チームのブロッカーのマークを、いかにセンターの速攻によって減らすか?」ということが鍵であった(はずである)。ところが、バンチ・リードブロックの時代になると、セオリーはまるで逆になった。攻撃に幅のないアタックコンビネーションでは、圧倒的な高さを持つセンタープレーヤーの、よほど速い速攻でない限り、バンチ・リードブロックシステムではカモにされてしまって、速攻にはマークはついてくれない。結局エースのレフト攻撃に頼らざるを得なくなり、3枚ブロックにあって負けに終わる。今リーグの東レが、久光に一度も勝てなかった理由の一つはそこにあると思われる。

「リードブロック」という言葉ばかりがもてはやされるが、リードブロックが機能するためにもっと重要なのは「バンチ」である。わかりやすく言えば、両サイドのブロッカーがどの場所に位置して相手チームの攻撃をマークするか? であり、「バンチ」の位置で構えるとは、両サイドのブロッカーがセンターブロッカーに接近してコート中央付近に構える、ということである。東レの今リーグの躍進の立役者である木村選手の中央からの時間差攻撃は、久光相手にはものの見事に3枚ブロックで封じられていた。「バンチ」であるからこそ、中央付近の中途半端な早さの攻撃はカモに出来る。従って、バンチ・リードブロックが当たり前の男子の世界では、両サイドの平行が恐ろしいほど高速となっている。なぜならば相手ブロッカーを「バンチ」で構えさせずに、3人の間があいた状態(=スプレッド)で構えさせるためである。

バンチ・リードブロック時代にあっての、攻撃の新たなセオリーは「両サイドのエースの攻撃を意識させて、両サイドの相手ブロッカーをスプレッドで構えさせて、マークが甘くなった中央からの速攻あるいはパイプでいかに点数を稼ぐか?」である。決勝第3戦、パイオニアの両レフトの決定率は、レオが17.9%・メグが21.9%と惨憺たる決定率であり、一方の久光のケニア選手は43.2%である。データだけを見て普通に考えれば、どう考えてもパイオニアの負けゲームである。なのになぜか? 結果はパイオニアのストレート勝ちであった。いかに久光のブロッカー陣が両サイドに意識がいきすぎて、中央の速攻でやられたか? データが如実に示している。実際、第3戦のパイオニアのセンター陣(アサコ・フランシー)の攻撃は、速いA/B/Cクイックがほとんどであり、ブロードはほとんど見られなかった。その分両レフト陣及びリーが、両サイドからひたすら攻めた(リーが中央からの時間差に回ることは全くなかった)。

|

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その3) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/9146426

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その4):

« 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その3) | トップページ | 決勝戦〜久光製薬-パイオニア(その5) »