« 今年の久光製薬 | トップページ | 今年の武富士 »

2006年2月23日 (木)

今年の東レ

続いて、東レ。

ここ数年東レは、戦力的には大きく変わってはいない。大型で若いウイングスパイカー陣が揃っている。このチームの問題点は、何と言ってもサーブレシーブの出来るウイングスパイカーがいないことだった(ある意味、JT女子と似ている)。2年前の第10回Vリーグで優勝を争った時は、助っ人のアダムス選手がその弱点を補って余りある、サーブレシーブの出来るウイングスパイカーであった。昨年は彼女の体調が上がらず、そのために向井・大山(加奈)・芝田の3選手でレフトとオポジットをやりくりしていたが、結局最後まで安定したローテーションを決めきれなかった感があった。今年はその反省にたって、助っ人に頼らずとも何とかできるように、というコンセプトでチーム作りをしてきた感があり、リーグ序盤は特に向井選手がキャプテンらしく、自分がレシーブで引っ張っていく、という気合いが感じられ、実際まずまずサーブレシーブでも頑張っていた。さらに今年はやはり木村選手の加入が大きく、確かに芝田選手も非常に巧い選手なのだが、去年はいかんせんサーブレシーブに気をとられるあまり(サーブレシーブ成功率はリーグ全体で6位であったが)、攻撃力では彼女の力が出せていなかった。木村選手はその点やはり天性の能力か? サーブレシーブも相当こなしながらも、攻撃でも活躍しているのが大きい。そして、リーグ後半では、チームになじんできた助っ人のイェレナ選手が表レフトに固定される布陣となり、目立たないが実はサーブレシーブの要になっている(恐らく、最終的に向井選手よりサーブレシーブ能力で彼女の方が上回ったということだと思われる)。表レフト(=セッターの横に位置するウイングスパイカー)と裏レフト(=オポジットの横に位置するウイングスパイカー)との違いは、トップレベルではサーブレシーブの能力あるいは、前衛ライトをこなせる能力を基準に決められていることが多く、サーブレシーブ能力が高いか、前衛ライトをこなせる選手が表レフトに配置される(但し、これには表レフトがサーブ順で言ってセッターより後に配置されているローテーションのチームのみで当てはまる、、、このあたりは、またいずれ別の機会で詳しく説明したいと思う)。

一方、弱点はやはり若さ故の失点、特にスパイクミスの多さ(アタック数に対する割合が6.75%で、全体で7位)である。特にサーブレシーブが多少乱れ始めると、自滅的に連続ミスが出てしまうことがある。2年前はそういう時に、絶対的に頼れるベテランのアダムス選手や、キャプテンの向井選手がコートにいたが、リーグ後半はそういう時に本当に頼れる選手がいない。それが最後の決勝の舞台という、プレッシャーのかかる中でどう切り抜けられる道を見つけ出すのか? 2年前は、アダムス選手頼みになって、彼女が最後精神的にも体力的にも潰れてパイオニアに敗れた。果たして今回はどうだろうか?

|

« 今年の久光製薬 | トップページ | 今年の武富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8793261

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の東レ:

« 今年の久光製薬 | トップページ | 今年の武富士 »