« ファイナルラウンド〜パイオニア-久光製薬 | トップページ | ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士 »

2006年2月25日 (土)

ファイナルラウンド〜東レ-武富士

続いて第2試合。何となく昨日から、武富士が勝つような気がしてならなかった。今年の4強の各チームの戦いぶりを頭の中で整理しているうちに、「こうやって久光に勝ち越した武富士」なのだから、東レ相手にも「こうすれば、東レの負けパターンに持ち込める」はず、という図式が浮かんできて、まさに昨日の書き込みの最後にああいう書き方で結んだ。他のチーム(久光・東レ)については弱点を書いたが、武富士については弱点よりも「こうすれば勝つはず」という書き方に、自然となってしまった。

正直言うと、今日のハニーフ選手の調子は最悪だった。試合中も全く自信なさげで、誰が見ても彼女に上げたとしか思えない2段トスを、内藤選手と譲り合ってしまうほどだった。それでも今年の武富士は、試合中に「これがダメなら、じゃあこのパターンを使う」といった、切り替えが出来るのである。昨日「2つの違う種類の攻撃パターン」といったのがまさにそうで、第1セットの出足で、ハニーフ選手に連続してトスを上げて、全く決まらなかったのを確認した途端に、すぐに両レフト(吉澤・足立両選手)への速い平行中心のトス回しに切り替えた。それである程度リズムをつかむと、東レの各ローテーション毎にサーブで狙うべき場所をきちんとついて、バンチ・リードブロックを機能させた。バンチ・リードブロックが機能すると相手チームは必ず焦り始める。第1試合のパイオニアもそうであった。ただ、パイオニアはさすがにベテランが多いだけに、スパイクミスはあまり出なかったが、その点浮き足立つとスパイクミスを連発する「弱点」のある「若い」東レは、その悪い癖が出てしまった。23歳の「若い」イェレナがスパイクミスで潰れた。こうなると2年前の第10回Vリーグ決勝の時の東レがだぶって見えてくる。若さの勢いで、いつもは押し通せることが、プレッシャーのかかる場面で通用しなくなったときに、打開策となる別の戦術が出てこない、、、。2年前はプレー面でも精神面でも頼れるアダムス選手がいたが、今年の東レにはいない。2年前パイオニアに敗れたときからの課題が、未だに解決されていないことが、今日の「4位確定」という結果として戻ってきたように思う。

もう一つ、第1試合と続けて観戦して強く感じたことは、「やはり女子バレーは男子バレーを確実に追いかけている」ということ。第1試合はまさに(別にスパイクの高さやパワーという意味ではなく、戦術的な意味で)「男子バレー」そのものだった。第2試合の武富士を見ていても、実はこのチームも男子バレー的な戦術を採っている。象徴的なこととして、ラリー中に前衛センターが2段トスを上げる戦術を採っていることがある。これは、リードブロックが確立している男子バレーでは常識である。女子のVリーグチームの中で、それに一番近いところにいるのは武富士である。その意味では、東レには残念ながら、男子バレーに近づこうという戦術は感じられない、、、。

|

« ファイナルラウンド〜パイオニア-久光製薬 | トップページ | ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8835701

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルラウンド〜東レ-武富士:

» 最高の…一歩手前。 [え?日記 〜めくるめく驚きの日々〜]
第12回Vリーグ女子大会 セミファイナル 1日目大阪市中央体育館での2試合を観戦。ゲームを、バレーボールをしっかり楽しむことができました。白熱した試合は好プレーを次々と生んで… 会場も声援に包まれてました。ただ … 東レの4位が決定。 それだけが残念。でも、東レは最高の試合を見せてくれていました。 ほんの一歩届かなかっただけで。********************************************... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 10時46分

« ファイナルラウンド〜パイオニア-久光製薬 | トップページ | ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士 »