« ファイナルラウンド〜東レ-武富士 | トップページ | 決勝前に、ちょっと休憩、、、 »

2006年2月26日 (日)

ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士

パイオニアはさすがだった。

お互いに4回目の対戦であり、お互いの弱点は研究しつくした同士の戦いである。実際、データで見ても両チームのサーブレシーブ成功率は惨憺たるものである。しかし、そうやって弱点を相手につかれたときに、いかにして試合中にその対策が立てられるか? が優勝するチームに課せられる課題だろう。その意味で、パイオニアの今日の試合運びは見事だった。昨日の久光戦では終始、ほとんどのローテーションをリーとマオの2枚でサーブレシーブをするフォーメーション(即ち、後衛のレフトに回ったレオ・メグはサーブレシーブフォーメーションから外れて、バックアタック用にエンドラインぎりぎりに配置していた)を敷いていた。しかし昨日の久光戦の反省もあって、今日は試合序盤から敢えてカットが乱れた場面でも、ライトからリーの攻撃を多用しようという狙いが伺え、そのために試合序盤は昨日とは違い、両レフトとマオでサーブレシーブをするフォーメーションを敷いてきた。第2セット途中、足立選手のサーブでメグが狙われて崩されてからは、すかさず昨日通りにリーとマオの2枚でサーブレシーブをするフォーメーションに切り替え、そして試合終盤にはまた元に戻した。こういったサーブカットローテーションごとのフォーメーション切り替えは、マッチョがいた頃からパイオニアではおなじみのものなのだが、以前はセリンジャー監督の指示で切り替えていたものが、いまはリアルタイムにコート上の選手達が自主的に切り替えている印象がある。セリンジャー監督からの作戦としては、これもおなじみだが、第2セットで足立選手のサーブでメグが狙われて崩されたことをうけて、第3セット目からはスタートローテーションをずらして、足立・井村両選手のサーブをレオがメインでサーブカットするように切り返させた(そのために、試合前半打数も多く、昨日同様好調だったレオの打数が試合途中から減った)。こういった細かな試合中の微調整により、研究充分であったはずの武富士も、完全にはパイオニアを崩しきれなかった。

もう一つ、今日の試合前半で、リーを意識して使っていたのには、恐らく武富士のバンチ・リードブロックを崩そうという意図があったと思われる。両サイドを意識させられると、「バンチ」ブロックは採りづらくなり、「スプレッド」にせざるを得なくなる。昨日同様、フランシーはあまり調子が試合序盤から上がらなかったが、充分に武富士のブロック陣が「スプレッド」になったのが確認できた第4セットになって、途端にユキはフランシーにトスを集めた。「スプレッド」になったがために、武富士はフランシーの中央からの攻撃に対応しきれなくなった。見事な戦略だった。

|

« ファイナルラウンド〜東レ-武富士 | トップページ | 決勝前に、ちょっと休憩、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8855142

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士:

« ファイナルラウンド〜東レ-武富士 | トップページ | 決勝前に、ちょっと休憩、、、 »