« 去年と今年のパイオニアの違い | トップページ | NEC-パイオニア(その2) »

2006年2月 5日 (日)

NEC-パイオニア(その1)

久々に、「本当の意味で」いい試合を見た気がする。恐らく「もう4強入りはほぼ絶望的」なNECと、「ほぼ4強入りは確実」なパイオニア。去年の決勝戦の対戦、かつここ数年ずっとライバル関係にある両チームの試合とは言え、今年に限って言えば、さほどモチベーションが上がらなくても仕方のない試合であったはずだ。しかし、どちらのチームも本気だった。選手もスタッフも。この前の「パイオニア-東レ」の首位攻防戦のように、あまりにも意識し合いすぎて、両チームともに「地に足がついていない」プレーの連続だった(はっきり言ってつまらなかった!)試合なんかよりも、よっぽど「いい試合」だった。

NECは、今日はいい意味で吹っ切れたかのように、ホントにチーム一丸になってパイオニアにぶつかってきていた。前半でやはりそれを引っ張っていたのは、有田(沙)選手であろう。それにスタッフサイドも(珍しく)答えて、2セット目から、スタートポジションをずらしてきた。恐らく調子の良かった彼女に託すという意味だったのだろう。逆にそのために、ある意味「一か八か」の戦略として、メグのサーブのローテーションで、以前から何回かこのブログにも書いてきた、NECの最も苦しいローテーション(前衛アタッカー2枚が、有田(沙)選手と杉山選手)がぶつかるローテーションにしてきた。しかし結果的にはそれが吉と出て2・3セットを取り返した。選手も一丸となっていて、その勢いに完全にパイオニアは呑まれた形になり、今年のパイオニアの負けパターンの雰囲気が漂った。

さすがにここ5、6試合は、パイオニアの選手には明らかに疲れが見えていた。ただ一人、レオだけが気を吐いていた。その疲れが一気にレオにも襲ってきたかのように、今日の彼女のプレーは苦しそうに見えた。対角のメグも体調不良もあり、とても万全ではなく、そのままなら完全に負けゲームであった。しかし4セット目には、NECのローテーションずらしにあわせるように、(ここ最近はわざと?と思えるほどにローテーションをいじらなかったのに)ローテーションをずらして、有田(沙)選手にメグをぶつける形に変えてきた。それで途端に彼女のスパイクがワンタッチをとられ始め、セット終盤にはミスも出るようになってしまい、それ以降彼女はほとんど決められなかった。その勢いに加えて、やはり今日も「神がかり的」メグのジャンプサーブで一気に4セット目をものにした。

最終セットは、意地と意地のぶつかり合いで、ホントの意味で力と力の勝負になった。選手もベンチ采配も明らかに本気だった。

|

« 去年と今年のパイオニアの違い | トップページ | NEC-パイオニア(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8518820

この記事へのトラックバック一覧です: NEC-パイオニア(その1):

« 去年と今年のパイオニアの違い | トップページ | NEC-パイオニア(その2) »