« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

ファイナルラウンド〜パイオニア-武富士

パイオニアはさすがだった。

お互いに4回目の対戦であり、お互いの弱点は研究しつくした同士の戦いである。実際、データで見ても両チームのサーブレシーブ成功率は惨憺たるものである。しかし、そうやって弱点を相手につかれたときに、いかにして試合中にその対策が立てられるか? が優勝するチームに課せられる課題だろう。その意味で、パイオニアの今日の試合運びは見事だった。昨日の久光戦では終始、ほとんどのローテーションをリーとマオの2枚でサーブレシーブをするフォーメーション(即ち、後衛のレフトに回ったレオ・メグはサーブレシーブフォーメーションから外れて、バックアタック用にエンドラインぎりぎりに配置していた)を敷いていた。しかし昨日の久光戦の反省もあって、今日は試合序盤から敢えてカットが乱れた場面でも、ライトからリーの攻撃を多用しようという狙いが伺え、そのために試合序盤は昨日とは違い、両レフトとマオでサーブレシーブをするフォーメーションを敷いてきた。第2セット途中、足立選手のサーブでメグが狙われて崩されてからは、すかさず昨日通りにリーとマオの2枚でサーブレシーブをするフォーメーションに切り替え、そして試合終盤にはまた元に戻した。こういったサーブカットローテーションごとのフォーメーション切り替えは、マッチョがいた頃からパイオニアではおなじみのものなのだが、以前はセリンジャー監督の指示で切り替えていたものが、いまはリアルタイムにコート上の選手達が自主的に切り替えている印象がある。セリンジャー監督からの作戦としては、これもおなじみだが、第2セットで足立選手のサーブでメグが狙われて崩されたことをうけて、第3セット目からはスタートローテーションをずらして、足立・井村両選手のサーブをレオがメインでサーブカットするように切り返させた(そのために、試合前半打数も多く、昨日同様好調だったレオの打数が試合途中から減った)。こういった細かな試合中の微調整により、研究充分であったはずの武富士も、完全にはパイオニアを崩しきれなかった。

もう一つ、今日の試合前半で、リーを意識して使っていたのには、恐らく武富士のバンチ・リードブロックを崩そうという意図があったと思われる。両サイドを意識させられると、「バンチ」ブロックは採りづらくなり、「スプレッド」にせざるを得なくなる。昨日同様、フランシーはあまり調子が試合序盤から上がらなかったが、充分に武富士のブロック陣が「スプレッド」になったのが確認できた第4セットになって、途端にユキはフランシーにトスを集めた。「スプレッド」になったがために、武富士はフランシーの中央からの攻撃に対応しきれなくなった。見事な戦略だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ファイナルラウンド〜東レ-武富士

続いて第2試合。何となく昨日から、武富士が勝つような気がしてならなかった。今年の4強の各チームの戦いぶりを頭の中で整理しているうちに、「こうやって久光に勝ち越した武富士」なのだから、東レ相手にも「こうすれば、東レの負けパターンに持ち込める」はず、という図式が浮かんできて、まさに昨日の書き込みの最後にああいう書き方で結んだ。他のチーム(久光・東レ)については弱点を書いたが、武富士については弱点よりも「こうすれば勝つはず」という書き方に、自然となってしまった。

正直言うと、今日のハニーフ選手の調子は最悪だった。試合中も全く自信なさげで、誰が見ても彼女に上げたとしか思えない2段トスを、内藤選手と譲り合ってしまうほどだった。それでも今年の武富士は、試合中に「これがダメなら、じゃあこのパターンを使う」といった、切り替えが出来るのである。昨日「2つの違う種類の攻撃パターン」といったのがまさにそうで、第1セットの出足で、ハニーフ選手に連続してトスを上げて、全く決まらなかったのを確認した途端に、すぐに両レフト(吉澤・足立両選手)への速い平行中心のトス回しに切り替えた。それである程度リズムをつかむと、東レの各ローテーション毎にサーブで狙うべき場所をきちんとついて、バンチ・リードブロックを機能させた。バンチ・リードブロックが機能すると相手チームは必ず焦り始める。第1試合のパイオニアもそうであった。ただ、パイオニアはさすがにベテランが多いだけに、スパイクミスはあまり出なかったが、その点浮き足立つとスパイクミスを連発する「弱点」のある「若い」東レは、その悪い癖が出てしまった。23歳の「若い」イェレナがスパイクミスで潰れた。こうなると2年前の第10回Vリーグ決勝の時の東レがだぶって見えてくる。若さの勢いで、いつもは押し通せることが、プレッシャーのかかる場面で通用しなくなったときに、打開策となる別の戦術が出てこない、、、。2年前はプレー面でも精神面でも頼れるアダムス選手がいたが、今年の東レにはいない。2年前パイオニアに敗れたときからの課題が、未だに解決されていないことが、今日の「4位確定」という結果として戻ってきたように思う。

もう一つ、第1試合と続けて観戦して強く感じたことは、「やはり女子バレーは男子バレーを確実に追いかけている」ということ。第1試合はまさに(別にスパイクの高さやパワーという意味ではなく、戦術的な意味で)「男子バレー」そのものだった。第2試合の武富士を見ていても、実はこのチームも男子バレー的な戦術を採っている。象徴的なこととして、ラリー中に前衛センターが2段トスを上げる戦術を採っていることがある。これは、リードブロックが確立している男子バレーでは常識である。女子のVリーグチームの中で、それに一番近いところにいるのは武富士である。その意味では、東レには残念ながら、男子バレーに近づこうという戦術は感じられない、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ファイナルラウンド〜パイオニア-久光製薬

久光の完勝だった。結果から見てもそれは明らかなのだが、何が良かったのか?

実は、パイオニアも相当に考えて試合を組み立てていた。久光の弱点は、成田選手が徹底的にサーブで狙われた時であると、以前にも書いた。まさにその通り、パイオニアは試合序盤から徹底的に彼女をサーブで揺さぶった(レギュラーラウンド中、攻撃的な強いジャンプサーブにこだわって、ミスを連発していたパイオニアの戦いぶりとはまるで好対照だった)。さらにケニア選手が前衛にいるときには、ラリー中には徹底して彼女の前にフェイントを落とした。点数的には常に久光がリードしていたが、第1セット前半に流れをつかみかけていたのは、パイオニアであった。レギュラーラウンド中は、成田選手がサーブで狙われた時の久光は、ケニア選手にボールがいつも以上に集まる。そこで、狙い通りに成田選手を揺さぶることに成功したパイオニアは、作戦通りにレフトのメグをライトに、オポジットのリーをレフトに配置して、ケニア選手にプレッシャーを与えようとした。

ところが、今日の久光はサーブカットが多少乱れても、敢えてケニア選手にはトスを集めずに、いつも以上にセンター陣にトスを集めて切り返した。いわば、昨年までの「本来の久光製薬らしい」戦いぶりに戻った。その上、ラリーになった場合に、パイオニアの攻撃パターンの重要な要素であるフランシーの速攻に対して、見事なまでのバンチ・リードブロックでワンタッチをとった。パイオニアとしては、特に第1セットは、恐らく試合前の作戦通りのプレーを各選手が行って、しかもレオ・メグの両レフトのアタック決定率も高い状況だっただけに、それなのになぜか? 久光に追いつけないという感じで、徐々に焦り始めた。いつものパイオニアならば、セット中盤の競り合いの中や劣勢の状況でも、必ずしも両サイドに頼らずともセンター線で切り返せるのが強みである。ところが今日は、久光の見事なバンチ・リードブロックシステムにより、全くセンター線は機能せず、前衛のレフト攻撃かバックのレフトのバックアタックしかないという、単純な攻撃パターンに追い込まれた。それでもレオ・メグの両レフトは調子は良かったために、試合序盤は何とか久光に食い下がれても、セット終盤になると、今日のようにケニア選手に頼っていなかった久光に対しては、決め手の数で負けていた。第2セットに入ると、第1セットの反省に基づいて、パイオニアも修正を行い、メグをライトブロックに回すのをやめて、序盤は先野選手のブロードにプレッシャーを与えてミスを誘って6−1とリードを奪ったが、久光は冷静だった。鶴田選手は今度はケニア選手にトスを集めるパターンに、さっと切り替えた。パイオニアとしては、やることはきちんとやっているのにという焦りばかりが募る形で、結局第2セット後半からは各選手が精神的に切れ始めた、、、。久光の完勝だった。

ただパイオニアとしては、第3セット後半からはある種「吹っ切れた」かのようなプレーを各選手がし始めて、セット終盤にいったん追いつきそうなところまで追い上げたところが、明日に繋がる負け方だったと言えるだろう。

象徴的な言い方をすると、今日の第1試合は、まさに「男子バレー」の戦い方を見るようだった。リードブロックが機能するかしないか? 及び誰がどのポジションのブロックに跳ぶのか? そして相手のそのブロック付き具合を見て、誰にトスを上げるのか? その駆け引きに勝った久光が圧勝した。これはまさに男子バレーである。ついに日本の女子バレーも、男子バレーのこの領域に完全に追いついたと言える試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月24日 (金)

今年の武富士

今年の武富士の強みは2点。

特にリーグ前半で目立ったのは、全日本に選ばれ、諸事情によりウイングスパイカーを務めることとなった吉澤選手の活躍である。もともと巧い選手だったが、全日本を経験するとあれほどまでに巧くなるのか? と感心させられるほど、スパイク決定率が高くなった。実際今年の彼女の打数は相当に多かった。これが1点目。さらにもともと対角のレフトには技巧派で有名な足立選手がいた武富士としては、吉澤選手が頼れるレフトに成長したお陰で、今年はハニーフ選手1人に頼らなくても良くなった。そのため、今年の戦いぶりを見ていると、ハニーフ選手をセンターブロックに配してバンチ・リードブロックシステムで相手の攻撃を確実にワンタッチをとり、吉澤・足立両レフト選手の速いレフト平行で切り返すというパターンと、劣勢に立たされた際に昨年通り両サイドからハニーフ選手に2段トスを上げるパターンの、2つの違う種類の攻撃パターンを上手く試合中に使い分けている。この2点である。

それが上手く機能するために、必要不可欠なのは、確実に相手の各サーブカットローテーションごとに、誰を狙えばバンチ・リードブロックが機能しやすいか? をきちんと見極めて試合を運べるかどうかである。4強同士の対戦では、唯一久光製薬相手に勝ち越している武富士だが、その久光相手に勝った試合は、まさにそうであった。結局バンチ・リードブロックが機能しなければ、ハニーフ選手をセンターブロックに配する意味合いは乏しくなり、昨年通りにハニーフ選手のサイド攻撃に頼ったパターンしかなくなる。ワンパターンでは、星勘定で随分水をあけられている他の3チームに勝つのは、やはり難しいであろう。まず東レとあたることになった武富士としては、東レの各サーブカットローテーションで、センター攻撃を使いにくくするサーブが打てるかどうか? そして若い東レのスパイクミスを誘えるかどうか? が鍵であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

今年の東レ

続いて、東レ。

ここ数年東レは、戦力的には大きく変わってはいない。大型で若いウイングスパイカー陣が揃っている。このチームの問題点は、何と言ってもサーブレシーブの出来るウイングスパイカーがいないことだった(ある意味、JT女子と似ている)。2年前の第10回Vリーグで優勝を争った時は、助っ人のアダムス選手がその弱点を補って余りある、サーブレシーブの出来るウイングスパイカーであった。昨年は彼女の体調が上がらず、そのために向井・大山(加奈)・芝田の3選手でレフトとオポジットをやりくりしていたが、結局最後まで安定したローテーションを決めきれなかった感があった。今年はその反省にたって、助っ人に頼らずとも何とかできるように、というコンセプトでチーム作りをしてきた感があり、リーグ序盤は特に向井選手がキャプテンらしく、自分がレシーブで引っ張っていく、という気合いが感じられ、実際まずまずサーブレシーブでも頑張っていた。さらに今年はやはり木村選手の加入が大きく、確かに芝田選手も非常に巧い選手なのだが、去年はいかんせんサーブレシーブに気をとられるあまり(サーブレシーブ成功率はリーグ全体で6位であったが)、攻撃力では彼女の力が出せていなかった。木村選手はその点やはり天性の能力か? サーブレシーブも相当こなしながらも、攻撃でも活躍しているのが大きい。そして、リーグ後半では、チームになじんできた助っ人のイェレナ選手が表レフトに固定される布陣となり、目立たないが実はサーブレシーブの要になっている(恐らく、最終的に向井選手よりサーブレシーブ能力で彼女の方が上回ったということだと思われる)。表レフト(=セッターの横に位置するウイングスパイカー)と裏レフト(=オポジットの横に位置するウイングスパイカー)との違いは、トップレベルではサーブレシーブの能力あるいは、前衛ライトをこなせる能力を基準に決められていることが多く、サーブレシーブ能力が高いか、前衛ライトをこなせる選手が表レフトに配置される(但し、これには表レフトがサーブ順で言ってセッターより後に配置されているローテーションのチームのみで当てはまる、、、このあたりは、またいずれ別の機会で詳しく説明したいと思う)。

一方、弱点はやはり若さ故の失点、特にスパイクミスの多さ(アタック数に対する割合が6.75%で、全体で7位)である。特にサーブレシーブが多少乱れ始めると、自滅的に連続ミスが出てしまうことがある。2年前はそういう時に、絶対的に頼れるベテランのアダムス選手や、キャプテンの向井選手がコートにいたが、リーグ後半はそういう時に本当に頼れる選手がいない。それが最後の決勝の舞台という、プレッシャーのかかる中でどう切り抜けられる道を見つけ出すのか? 2年前は、アダムス選手頼みになって、彼女が最後精神的にも体力的にも潰れてパイオニアに敗れた。果たして今回はどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

今年の久光製薬

レギュラーラウンドが終了した。見事に決勝リーグ出場を決めた4チームの今年の戦いぶりをまとめてみようと思う。

まず、久光製薬から。

去年6位に沈んだ久光の今年の躍進に、新加入のケニア選手が寄与するところは大きい。しかし、そのために果たす役割として大きいのはやはり、成田選手の個人技術である。彼女とリベロの吉田あい選手の2人でほとんど、サーブカットをとるという、一昔前の男子バレー(現在の男子バレーでは、ジャンプサーブが強力になりすぎて、2人でサーブカットをとるのは絶望的になった)に近いレシーブフォーメーションを敷いている。もちろん、それで彼女が攻撃に参加できなくても、ケニア選手に上げれば何とかなる、という自信からそれが可能なのであろうが。去年久光はチーム全体でのサーブレシーブ返球率がリーグ全体で1位であった。そのチームの特徴をうまく活かして、いいチーム作りが出来ていると思う。
さらに、成田選手が久光に加わって一番伸びたと思われる、落合選手をうまく活かしている。成田選手がある程度レシーブのために攻撃が犠牲になる分、代わりに落合選手が成田選手の攻撃スタイルをマスターしつつある。まだ若いだけにミスは多いが、身長もあるし、この辺で一度全日本で経験を積むと面白いかも? と思わせる選手になった。ラリー中に成田選手が意識的に落合選手に、しかも鶴田選手よりも速いんじゃないか? と思われるくらいの平行トスをあげるのが印象的である。

一方、もちろん弱点もある。下位の武富士に2敗している久光だけに、武富士との負け試合を見れば、久光の弱点は浮き出てくる。今年の久光の負けパターンは、実は上の特徴を逆手にとられたときで、徹底的に成田選手をサーブカットで狙われると、意外ともろいようだ。以前も書いたことがあるが、成田選手がオポジットで入っていることが災い(攻撃のことを考えると、成田選手にあたるいわゆる「サーブカッター」はレフトに入った方がスムーズである)し、彼女が前衛つまり、前3枚アタッカーがいるローテーションで、セッターの鶴田選手がトスアップにつくのに若干時間がかかり(特に、成田選手が前衛センターの時)、さらに彼女が潰れると比較的単純なアタックコンビネーションになってしまって、久光としてはケニア選手に頼らざるを得なくなる。確かにどの試合でもケニア選手の攻撃が圧倒的に多いのは事実だが、ケニア、ケニアとトスが集まっている瞬間というのは大抵、久光が劣勢の場面であり、優勢の場面では、センターのクイックや落合選手・成田選手への両サイドの速い平行で連続得点を稼いでいる。成田選手をサーブで徹底的に狙うと、たとえカットがセッターにきちんと返っても、この久光の連続得点のパターンとなる、コンビを繰り出させるのが難しくなるようだ。

今年の久光は結局は、「成田選手のチームとなっている」という言葉に集約される。実際、もし彼女が故障すれば、途端に久光は、まるで大友選手が抜けた今年のNECのように、バレースタイルを1から変えないとゲームすら出来ないチームになる。ケニア選手が故障したとしても、恐らく小山選手を入れれば(確かにチーム力としては落ちるであろうが)スタイルを変えずにゲームが続行可能である。昔から成田選手がいるチームというのは、悲しいかな? どのチーム(彼女がいた頃のNECや全日本)も「彼女がいないと成り立たないチームフォーメーション」になっていた。それだけ素晴らしい選手だという証なのだろうが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

NEC-パイオニア(その2)

実際、先週の東レ戦とは全く違い、セリンジャー監督は試合中も厳しい言葉は少なく、精神面のアドバイスが多かった。以前も書いたように、今年のパイオニアは去年と違い、メグの加入により良くも悪くも「若い」チームになっている。それが精神面に出たときが、今年のパイオニアの負けパターンである。今日も途中その雰囲気に入ったにもかかわらず、もう一度立て直して、4セット目後半からはまさに決勝戦かとも思える気迫が伝わってきた。この勝利はパイオニアにとっては大きな意味があるように思う。一方のNECにとっても、今日負けはしたが、特に若手にとっては来年に繋がる試合になったと思う。ホントにいい試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC-パイオニア(その1)

久々に、「本当の意味で」いい試合を見た気がする。恐らく「もう4強入りはほぼ絶望的」なNECと、「ほぼ4強入りは確実」なパイオニア。去年の決勝戦の対戦、かつここ数年ずっとライバル関係にある両チームの試合とは言え、今年に限って言えば、さほどモチベーションが上がらなくても仕方のない試合であったはずだ。しかし、どちらのチームも本気だった。選手もスタッフも。この前の「パイオニア-東レ」の首位攻防戦のように、あまりにも意識し合いすぎて、両チームともに「地に足がついていない」プレーの連続だった(はっきり言ってつまらなかった!)試合なんかよりも、よっぽど「いい試合」だった。

NECは、今日はいい意味で吹っ切れたかのように、ホントにチーム一丸になってパイオニアにぶつかってきていた。前半でやはりそれを引っ張っていたのは、有田(沙)選手であろう。それにスタッフサイドも(珍しく)答えて、2セット目から、スタートポジションをずらしてきた。恐らく調子の良かった彼女に託すという意味だったのだろう。逆にそのために、ある意味「一か八か」の戦略として、メグのサーブのローテーションで、以前から何回かこのブログにも書いてきた、NECの最も苦しいローテーション(前衛アタッカー2枚が、有田(沙)選手と杉山選手)がぶつかるローテーションにしてきた。しかし結果的にはそれが吉と出て2・3セットを取り返した。選手も一丸となっていて、その勢いに完全にパイオニアは呑まれた形になり、今年のパイオニアの負けパターンの雰囲気が漂った。

さすがにここ5、6試合は、パイオニアの選手には明らかに疲れが見えていた。ただ一人、レオだけが気を吐いていた。その疲れが一気にレオにも襲ってきたかのように、今日の彼女のプレーは苦しそうに見えた。対角のメグも体調不良もあり、とても万全ではなく、そのままなら完全に負けゲームであった。しかし4セット目には、NECのローテーションずらしにあわせるように、(ここ最近はわざと?と思えるほどにローテーションをいじらなかったのに)ローテーションをずらして、有田(沙)選手にメグをぶつける形に変えてきた。それで途端に彼女のスパイクがワンタッチをとられ始め、セット終盤にはミスも出るようになってしまい、それ以降彼女はほとんど決められなかった。その勢いに加えて、やはり今日も「神がかり的」メグのジャンプサーブで一気に4セット目をものにした。

最終セットは、意地と意地のぶつかり合いで、ホントの意味で力と力の勝負になった。選手もベンチ采配も明らかに本気だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

去年と今年のパイオニアの違い

先週末は、バレーファンにはたまらない週末だったろう。一人では見切れないくらいに、バレーの試合中継があったのだから。

さて、各試合のことは後日また時間があるときに回すとして、、、
久光戦に続いての首位攻防に敗れたパイオニアの、去年と今年の大きな違いとして気になることがある。

あまり知られていない事実だが、パイオニアは「アタックミスが極めて少ない」チームである。去年のリーグで見てもアタックミス数の全打数に対する割合は5.38%で、(チーム戦術として、全力でアタックを打つことの極端に少ない)シーガルズの次に低率である。ところが、今年は去年に比べて(サーブミスが多いのは変わりないが(苦笑))、どうもアタックミスが多いような気がしてならなかったが、やはりデータで見ても6.26%と明らかに多く、順位的にも4位に下がっている。それがここ最近の不安定な戦いぶりにも反映している気がする。百戦錬磨のベテランが多く、勝負所でミスをしないというチームカラーが、メンバーに新たにメグが加わったことで、良くも悪くも若干「若い」チームになった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »