« メグ(コウ)のジャンプサーブ(その2) | トップページ | 何か変わった? JT・マーヴェラス »

2006年1月 9日 (月)

拝啓:寺廻監督

あなたが、JT女子の監督に就任されたと伺ったとき、正直驚きました。確かに「バボChannel」での発言からして、多分あなたが現場復帰されるとしたら、今度は女子の世界なんだろうなぁと、うすうす感じてはいました。しかし、「どうして、よりにもよってJTなの?」という疑問が沸いたのです。

あなたが、理想とするバレー像は、これでもあなたのことをもうかれこれ10数年も見続けさせて頂いているものとしては、ある程度はわかっているつもりです。それを竹下選手を中心としたコンビネーションから繰り出そうとしていることは、よくよくわかります。でも、そのために何より必要なことは、正確なサーブレシーブであることは、誰でもないあなたが一番よくわかっているじゃなかったんでしょうか?よりにもよってJTを選んだ(勿論、選んだというわけでなく、監督要請をうけたのがJTだった、というだけのことなんでしょうが)なんて!?あなたの頭の中にも、やっぱり「女子バレー=拾って繋ぐバレー」神話があったとしか思えません。菅山選手のイメージが強すぎたのでしょうが、はっきり言って今の日本の女子バレーの世界では、男子バレーよりも遥かにサーブレシーブ能力は劣ってます。

去年のJT女子は、はっきり言って、ただのオーソドックスなオープンバレーでした。竹下選手がセッターでいる必要性があんまり感じられない、そういうチームでした。そこから脱皮すべく、両サイドを中心に早い平行を練習していたんだろうということは、特にラリー中、リードブロックで3枚ブロックを跳んで、ワンタッチをとった後の切り返しの場面で、ライトからの早い平行を谷口選手が打っていることからもよくわかります。でも、その前に、つまりラリーに持ち込む前に、サーブカットからの攻撃の場面で、同じことが出来なければ、まずそもそも20点前後の終盤の接戦に試合を持ち込むことすら出来ません。結局サーブカットが乱れて、無理にそれでも練習してきた両サイドの早い攻撃を繰り出そうとしても、去年までオープンバレーしかしていなかったチームには、対応できるはずもありません。去年はカットが少々乱れても、どうせオープンバレーでしたから何とかなりましたが、、、。

だから、私としては、別にJT女子の今年の低迷も、別に意外でも何でもありません。でも、あなたの方向性は「間違ってる」とは思いません。正直あれだけメンバーが揃っていて、去年は本来「NECとJTの2強」の闘いでなければおかしかったのです。それが結果的には、最終戦で辛うじて4強に滑り込むほどに負けが込み、決勝リーグでも、吉原選手が本調子になく、斎藤選手という大きな穴のあったパイオニアに、完膚無きまでに打ちのめされ、4位に終わった、、、。一柳監督の更迭は当然でしょう。あなたのチームが生まれ変わるためには、その方向でやはり強化しなければならないんです。でもそのためには、もう少し時間が必要でしょう。私の今の望みは、JTのチームフロントが、目先の結果だけを期待するのではなく、長期的視野に立って、本当の意味での強いチームを作ることを期待していること、及び、一柳前監督を慕って集まった選手の多い印象のある今の選手達が、あなたのことを本当の意味で信頼し、「この戦術でやっていけば、必ず勝てるんだ」と信じてくれること、そう、丁度去年の東レ男子の矢島監督のように。

|

« メグ(コウ)のジャンプサーブ(その2) | トップページ | 何か変わった? JT・マーヴェラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8086141

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓:寺廻監督:

« メグ(コウ)のジャンプサーブ(その2) | トップページ | 何か変わった? JT・マーヴェラス »