« 拝啓:寺廻監督 | トップページ | 首位攻防 »

2006年1月18日 (水)

何か変わった? JT・マーヴェラス

JTがここに来て2連勝。しかもパイオニア・久光製薬と上位チームを相次いで倒した。何か変わったのか?

少なくとも、パイオニア戦は、正直言って「出来過ぎ」だろう。去年の第2レグでもあった。やはり同じくパイオニア戦。JTのミラクルレシーブが炸裂し、パイオニアは焦れて自滅、ストレートでJTの圧勝だった。どんなチームでも年に1回くらいは、そういう時もある。即ち、巡り合わせの問題で、正直何かが変わったという気はしなかった。実際、去年も今年も、翌日は元通りのJTの戦いぶりに戻っていた。

しかし、ひょっとすると変わったかもしれないと思われるのが、先日の久光戦である。もちろん、この試合はCSでも放送されなかったわけなので、実際に試合そのものを目にしたわけではなく、想像にすぎないのだが。

何が変わったか・・・、これまで今リーグのJTは、以前書いた「いったい何点とられるの?」の中で説明した、「自チームの弱点をいかにごまかすか?」という戦術を採っていた。しかしどうやら、Vリーグオフィシャルサイトの公式記録でのスタートフォーメーションを見ると、恐らく今リーグ初めて、「相手の弱点をいかにつくか?」という戦術を採ったようだ。ということは、恐らく寺廻監督の頭の中で、ようやく相手チームの分析が出来るだけの余裕が出来たのではないか、と思われるのである。今週は再びパイオニアとの対戦となる。何とか、現地で生で見てみたいと思っている。

|

« 拝啓:寺廻監督 | トップページ | 首位攻防 »

コメント

こんにははじめて見させていただきました

投稿: 相澤 郁夫  | 2006年1月31日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8222738

この記事へのトラックバック一覧です: 何か変わった? JT・マーヴェラス:

« 拝啓:寺廻監督 | トップページ | 首位攻防 »