« 久光製薬-武富士 | トップページ | JT-パイオニア(おまけ) »

2006年1月23日 (月)

JT-パイオニア

JTは、姫路での武富士戦を見終わって、「ダメだ」と書いたとおり。当然の結果の、予想された完敗だった。以上。

パイオニアは、前日の反省をきちんとしてきたようだった。前日の久光戦、ほぼ完璧なバレーを展開した第1セット。その後半から連続のサーブミスで、いい流れを自分たちで切ってしまった、、、。思い切り強いジャンプサーブを打って、ミスが出ないときは別にいい。でも、調子の良くないときには、やはり狙うサーブに戦術を変えるべきである。前日連続でサーブミスをした選手達が、この日はきちんとJTの前衛のウイングスパイカーを狙っていた。2レグでやられた高木選手を狙って、確実にワンタッチをとって、切り返していた。それでいて、強力なジャンプサーブもあるとなれば、、、あの展開は当然だろう。それにしても、ホントにメグのサーブはすごい(すごい理由は、以前書いたとおり)。2セット目こそ、点数的には競ったが、菅山選手一人にやられただけで、3セット目は、いつもどおり絶妙のセリンジャー監督のローテーションずらしにまんまとはまって、一方的な展開に持ち込まれた(恐らく、競った2セット目を落としたJTとしては、3セット目の前半で点差をつけられると、モチベーションが下がってしまうのを見越して、3セット目はフランシーが前衛レフトから始まるフォーメーションからスタートしたと思われる)。

それを考えると、前日の久光戦は、あえてローテーションをずらさずに5セットとも戦っていた。シフト的にもメグをオポジットに置くでもなく、いつも通りであった。久光の真鍋監督としては、恐らくそれを見越していたのか、2レグとは違い、本来のローテーション(ケニア選手が前衛レフト)からのスタートに戻していた。その時点で久光の勝ちだったのかもしれない。が、多分セリンジャー監督は、恐らく決勝ラウンドを見込んで、あえてローテーションをずらさなかった気がしてならない。

|

« 久光製薬-武富士 | トップページ | JT-パイオニア(おまけ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8306688

この記事へのトラックバック一覧です: JT-パイオニア:

« 久光製薬-武富士 | トップページ | JT-パイオニア(おまけ) »