« やっぱり変わってなかった、、、 | トップページ | JT-パイオニア »

2006年1月23日 (月)

久光製薬-武富士

試合順にいけば、前日の久光製薬-パイオニアから書くべきところだが、流れ上こちらから。

前日の姫路観戦に懲りず、神戸にも観戦に行った。前日の首位攻防に勝って、勢いづくはずの久光だったが、一転して武富士に完敗だった。勝敗を左右したのは、両チームのサーブの戦術だった。

リードブロック、いや正確にはバンチ・リードブロック(わからない方は、こちらをご参照下さい)が機能するためには、相手に両サイドの速い平行と、速い速攻を打たせないことが鍵となる。最近のVリーグの女子チームでは、リードブロックをガタガタにさせるほどの速くて高い速攻を打てる選手は、残念ながら極めて少ないうえ、それが打てるほどサーブカットを安定して返せる能力のあるチームもない。従って、女子の場合は事実上、レフトの速い平行さえなくせばいいのである。そのために、強力なサーブ力を持たない選手が狙うべき場所は、当然の事ながら、前衛のウイングスパイカーとなる。

ケニア選手を除いて、さほど強いサーブ力があると思えない久光としては、チームとして(組織として)やはり武富士の前衛のウイングスパイカーを狙わなければならない。ところが、比較的サーブレシーブを得意としない、足立選手を狙っているのはいいが、彼女が後衛に下がっても、同じように狙っている。少々サーブカットが乱れても、武富士の場合は、速い平行と、それが難しければ、ハニーフ選手にセンターあるいはライトからセミを打たせるというパターンが確立しているので、それでは久光のバンチ・リードブロックは機能しない。一方の武富士は、逆に徹底的に久光の成田選手を狙って、前後に揺さぶっていた。久光は、レフトに入っているケニア選手がサーブカットをせず、リベロとオポジットの成田選手の2枚でほとんどのサーブカットをするという、やや変則なフォーメーションを敷いているため、成田選手が前後に動きづらい形となっている(特に成田選手が前衛センターの位置でのサーブカットフォーメーションでは、彼女がサーブカットのためにかなり後方に位置せざるを得ず、そのために彼女よりも前に行けないセッターの鶴田選手は、コートかなり後ろからスタートする羽目になっている)。それを見事についたと言え、彼女は前後に揺さぶられ、ましてほとんど前衛での両サイドへの速い攻撃への参加は不可能となっていた。結果的に久光の攻撃は単調となり、武富士のリードブロックに着実にワンタッチをとられ、それをすかさず、先ほど述べた武富士の攻撃パターンである、レフトへの速い平行あるいはハニーフ選手へのセミで切り返されて連続得点を許した。

因みに、前日のJTはその点はきちんと、武富士の前衛のウイングスパイカーはサーブで狙おうという、戦略は伺えた。その点では、JTの方がましとは言えるのだが、JTの問題はそこにはない、、、。

|

« やっぱり変わってなかった、、、 | トップページ | JT-パイオニア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/8304658

この記事へのトラックバック一覧です: 久光製薬-武富士:

« やっぱり変わってなかった、、、 | トップページ | JT-パイオニア »