« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日 (火)

JT-パイオニア(おまけ)

因みにこの試合、JTは2セット目・3セット目に、明らかなアウトオブポジションの反則をしていました。

9番の宝来選手がサーブの際、後衛には14番の高木選手と5番の菅山選手がいましたが、ローテーション順で言うと、14番がバックレフトで5番がバックセンターだったので、サーブが打たれる瞬間には、高木選手がレフト側・菅山選手がライト側にいないといません(B級審判資格を持つ、私のチームメイトに確認済み)。しかし、思いっきりその逆に位置していました。まぁ、主審が見逃さずに反則ととっていたとしても、試合の結果には関係なかったと思いますが。多分、普段と逆で、菅山選手をレフトに、高木選手をライトにおいたために、いつものくせで当事者の2人自身も気づかずにミスをしたんだと思います。私が気づいたのも、この2人のポジションが逆になっていることに気づいてからなんです。家に帰って、公式記録を見ると、2セット目から2人を入れ替えたことがわかって、その上でGAORAの放送のビデオを見返すと、2セット目からアウトオブポジションをしています。

興味ある方は、後日再放送もあるので、見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

JT-パイオニア

JTは、姫路での武富士戦を見終わって、「ダメだ」と書いたとおり。当然の結果の、予想された完敗だった。以上。

パイオニアは、前日の反省をきちんとしてきたようだった。前日の久光戦、ほぼ完璧なバレーを展開した第1セット。その後半から連続のサーブミスで、いい流れを自分たちで切ってしまった、、、。思い切り強いジャンプサーブを打って、ミスが出ないときは別にいい。でも、調子の良くないときには、やはり狙うサーブに戦術を変えるべきである。前日連続でサーブミスをした選手達が、この日はきちんとJTの前衛のウイングスパイカーを狙っていた。2レグでやられた高木選手を狙って、確実にワンタッチをとって、切り返していた。それでいて、強力なジャンプサーブもあるとなれば、、、あの展開は当然だろう。それにしても、ホントにメグのサーブはすごい(すごい理由は、以前書いたとおり)。2セット目こそ、点数的には競ったが、菅山選手一人にやられただけで、3セット目は、いつもどおり絶妙のセリンジャー監督のローテーションずらしにまんまとはまって、一方的な展開に持ち込まれた(恐らく、競った2セット目を落としたJTとしては、3セット目の前半で点差をつけられると、モチベーションが下がってしまうのを見越して、3セット目はフランシーが前衛レフトから始まるフォーメーションからスタートしたと思われる)。

それを考えると、前日の久光戦は、あえてローテーションをずらさずに5セットとも戦っていた。シフト的にもメグをオポジットに置くでもなく、いつも通りであった。久光の真鍋監督としては、恐らくそれを見越していたのか、2レグとは違い、本来のローテーション(ケニア選手が前衛レフト)からのスタートに戻していた。その時点で久光の勝ちだったのかもしれない。が、多分セリンジャー監督は、恐らく決勝ラウンドを見込んで、あえてローテーションをずらさなかった気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久光製薬-武富士

試合順にいけば、前日の久光製薬-パイオニアから書くべきところだが、流れ上こちらから。

前日の姫路観戦に懲りず、神戸にも観戦に行った。前日の首位攻防に勝って、勢いづくはずの久光だったが、一転して武富士に完敗だった。勝敗を左右したのは、両チームのサーブの戦術だった。

リードブロック、いや正確にはバンチ・リードブロック(わからない方は、こちらをご参照下さい)が機能するためには、相手に両サイドの速い平行と、速い速攻を打たせないことが鍵となる。最近のVリーグの女子チームでは、リードブロックをガタガタにさせるほどの速くて高い速攻を打てる選手は、残念ながら極めて少ないうえ、それが打てるほどサーブカットを安定して返せる能力のあるチームもない。従って、女子の場合は事実上、レフトの速い平行さえなくせばいいのである。そのために、強力なサーブ力を持たない選手が狙うべき場所は、当然の事ながら、前衛のウイングスパイカーとなる。

ケニア選手を除いて、さほど強いサーブ力があると思えない久光としては、チームとして(組織として)やはり武富士の前衛のウイングスパイカーを狙わなければならない。ところが、比較的サーブレシーブを得意としない、足立選手を狙っているのはいいが、彼女が後衛に下がっても、同じように狙っている。少々サーブカットが乱れても、武富士の場合は、速い平行と、それが難しければ、ハニーフ選手にセンターあるいはライトからセミを打たせるというパターンが確立しているので、それでは久光のバンチ・リードブロックは機能しない。一方の武富士は、逆に徹底的に久光の成田選手を狙って、前後に揺さぶっていた。久光は、レフトに入っているケニア選手がサーブカットをせず、リベロとオポジットの成田選手の2枚でほとんどのサーブカットをするという、やや変則なフォーメーションを敷いているため、成田選手が前後に動きづらい形となっている(特に成田選手が前衛センターの位置でのサーブカットフォーメーションでは、彼女がサーブカットのためにかなり後方に位置せざるを得ず、そのために彼女よりも前に行けないセッターの鶴田選手は、コートかなり後ろからスタートする羽目になっている)。それを見事についたと言え、彼女は前後に揺さぶられ、ましてほとんど前衛での両サイドへの速い攻撃への参加は不可能となっていた。結果的に久光の攻撃は単調となり、武富士のリードブロックに着実にワンタッチをとられ、それをすかさず、先ほど述べた武富士の攻撃パターンである、レフトへの速い平行あるいはハニーフ選手へのセミで切り返されて連続得点を許した。

因みに、前日のJTはその点はきちんと、武富士の前衛のウイングスパイカーはサーブで狙おうという、戦略は伺えた。その点では、JTの方がましとは言えるのだが、JTの問題はそこにはない、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

やっぱり変わってなかった、、、

数日前の宣言(?)どおり、姫路まで行ってきました。
うん、寺廻監督、あなたのことは尊敬していますが、ダメです、もう今年は。久光戦の公式結果を見て、「ひょっとして」なんて期待を抱いた私がバカでした。今日の武富士戦、サーブカットからのスタートで、竹下選手をバックライトからスタートしたのを見て、かつ、サーブカットフォーメーションが旧態依然としたWフォーメーションに戻っているのを見て、あぁ、ダメだ、と確信してしまいました。まぁ谷口選手が故障してしまったことで、諦めたのかもしれませんけど、バレースタイルをむしろ以前のスタイルに戻してしまうなんて、それじゃぁ完全に守りに入ってるだけじゃないですか〜。やっぱり相手を見ている余裕なんて、まだ無かったんだなと感じました。そしてやっぱり予想された結果でした。ほぼ4強入りは絶望でしょう。それをいい意味で吹っ切って、新しいバレースタイルを追求して欲しい、そう願います。明日のパイオニア戦、頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

首位攻防

今週は、パイオニア対久光製薬の首位攻防戦もある。第1レグではセリンジャー監督の「ケニア選手つぶし」戦術、即ちメグ(コウ)をオポジットに配置し、ケニア選手にぶつけたことが、大当たりしたようだ。一方、第2レグでは、パイオニアは同様の戦術でスタートするも、久光の真鍋監督もやはり考えてきたようで、きちんとローテーションをずらしてきた。第1セットで、確かに久々のスタメン出場だった、マイ(榛沢選手)の調子が今ひとつであったのも事実だが、セリンジャー監督が第2セットから普段のスタメンの布陣に戻したのには、恐らくそのことよりも、真鍋監督の「ローテーションずらし」が大きく影響したのではないかと思われる。

その意味でも、今週の対戦では、お互いの監督がどういうローテーションで第1セットをスタートさせるか? 非常に楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か変わった? JT・マーヴェラス

JTがここに来て2連勝。しかもパイオニア・久光製薬と上位チームを相次いで倒した。何か変わったのか?

少なくとも、パイオニア戦は、正直言って「出来過ぎ」だろう。去年の第2レグでもあった。やはり同じくパイオニア戦。JTのミラクルレシーブが炸裂し、パイオニアは焦れて自滅、ストレートでJTの圧勝だった。どんなチームでも年に1回くらいは、そういう時もある。即ち、巡り合わせの問題で、正直何かが変わったという気はしなかった。実際、去年も今年も、翌日は元通りのJTの戦いぶりに戻っていた。

しかし、ひょっとすると変わったかもしれないと思われるのが、先日の久光戦である。もちろん、この試合はCSでも放送されなかったわけなので、実際に試合そのものを目にしたわけではなく、想像にすぎないのだが。

何が変わったか・・・、これまで今リーグのJTは、以前書いた「いったい何点とられるの?」の中で説明した、「自チームの弱点をいかにごまかすか?」という戦術を採っていた。しかしどうやら、Vリーグオフィシャルサイトの公式記録でのスタートフォーメーションを見ると、恐らく今リーグ初めて、「相手の弱点をいかにつくか?」という戦術を採ったようだ。ということは、恐らく寺廻監督の頭の中で、ようやく相手チームの分析が出来るだけの余裕が出来たのではないか、と思われるのである。今週は再びパイオニアとの対戦となる。何とか、現地で生で見てみたいと思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

拝啓:寺廻監督

あなたが、JT女子の監督に就任されたと伺ったとき、正直驚きました。確かに「バボChannel」での発言からして、多分あなたが現場復帰されるとしたら、今度は女子の世界なんだろうなぁと、うすうす感じてはいました。しかし、「どうして、よりにもよってJTなの?」という疑問が沸いたのです。

あなたが、理想とするバレー像は、これでもあなたのことをもうかれこれ10数年も見続けさせて頂いているものとしては、ある程度はわかっているつもりです。それを竹下選手を中心としたコンビネーションから繰り出そうとしていることは、よくよくわかります。でも、そのために何より必要なことは、正確なサーブレシーブであることは、誰でもないあなたが一番よくわかっているじゃなかったんでしょうか?よりにもよってJTを選んだ(勿論、選んだというわけでなく、監督要請をうけたのがJTだった、というだけのことなんでしょうが)なんて!?あなたの頭の中にも、やっぱり「女子バレー=拾って繋ぐバレー」神話があったとしか思えません。菅山選手のイメージが強すぎたのでしょうが、はっきり言って今の日本の女子バレーの世界では、男子バレーよりも遥かにサーブレシーブ能力は劣ってます。

去年のJT女子は、はっきり言って、ただのオーソドックスなオープンバレーでした。竹下選手がセッターでいる必要性があんまり感じられない、そういうチームでした。そこから脱皮すべく、両サイドを中心に早い平行を練習していたんだろうということは、特にラリー中、リードブロックで3枚ブロックを跳んで、ワンタッチをとった後の切り返しの場面で、ライトからの早い平行を谷口選手が打っていることからもよくわかります。でも、その前に、つまりラリーに持ち込む前に、サーブカットからの攻撃の場面で、同じことが出来なければ、まずそもそも20点前後の終盤の接戦に試合を持ち込むことすら出来ません。結局サーブカットが乱れて、無理にそれでも練習してきた両サイドの早い攻撃を繰り出そうとしても、去年までオープンバレーしかしていなかったチームには、対応できるはずもありません。去年はカットが少々乱れても、どうせオープンバレーでしたから何とかなりましたが、、、。

だから、私としては、別にJT女子の今年の低迷も、別に意外でも何でもありません。でも、あなたの方向性は「間違ってる」とは思いません。正直あれだけメンバーが揃っていて、去年は本来「NECとJTの2強」の闘いでなければおかしかったのです。それが結果的には、最終戦で辛うじて4強に滑り込むほどに負けが込み、決勝リーグでも、吉原選手が本調子になく、斎藤選手という大きな穴のあったパイオニアに、完膚無きまでに打ちのめされ、4位に終わった、、、。一柳監督の更迭は当然でしょう。あなたのチームが生まれ変わるためには、その方向でやはり強化しなければならないんです。でもそのためには、もう少し時間が必要でしょう。私の今の望みは、JTのチームフロントが、目先の結果だけを期待するのではなく、長期的視野に立って、本当の意味での強いチームを作ることを期待していること、及び、一柳前監督を慕って集まった選手の多い印象のある今の選手達が、あなたのことを本当の意味で信頼し、「この戦術でやっていけば、必ず勝てるんだ」と信じてくれること、そう、丁度去年の東レ男子の矢島監督のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

メグ(コウ)のジャンプサーブ(その2)

で、メグ(コウ)はというと、、、
前述の通り、前衛でのアタックではきちんと「ミート」している。しかし、サーブの際には、わざと「無回転に近く」している。それもジャンピングフローターサーブとは違って、普通のジャンプサーブのパワーとスピードを維持したままに、それを行っている。従って、狙わずに「ふかす」場合とは違って、エンドラインを大きく越えていくことはない。実を言うと、メグ(コウ)はジャンプサーブだけでなく、パイプ(バックセンターからの、速いバックアタック)の際にも、わざと「無回転に近く」してアタックを打っている。大山加奈選手ほどにはパワフルなアタックに見えないにもかかわらず、相手レシーバーが拾えないのには、それが大きく影響していると思われる。

因みに、、、過去の日本選手にも同じ技術を持っている選手が「いた」、、、いや「いる」。成田(大懸)郁久美選手である。彼女はメグ(コウ)とは違って、前衛でのアタックにそれを駆使していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグ(コウ)のジャンプサーブ(その1)

やや(随分、、、)遅れましたが、明けましておめでとうございます。
6年もほったらかしだった、当サイトを今も覗いて頂いてる皆様には、感謝申し上げるとともに、今後とも宜しくお願い申し上げます。

今年最初の更新です。

皆さんもご存じの通り、今年のパイオニアの一つの得点パターンは、メグ(コウ)のジャンプサーブで相手のサーブレシーブを崩すものである。そのローテーションで、前衛に3枚アタッカーしかも佐々木選手とフールマン選手がいる、強いローテーションを組み、あわよくば連続得点を稼ぐ、という戦法である。実際それは機能しており、メグ(コウ)はサーブ効果率1位争いをしている。映像は見られなかったが、1レグの東レとの首位攻防で、あっさり東レを退けた勝因の一つも、試合前半でのメグ(コウ)のサーブでの連続得点であったようだ。

で、何がすごいのか?実はメグ(コウ)のジャンプサーブは、ドライブ回転があまりかかっていない。無回転(すなわちフローター)に近いのである。勿論、恐らく「わざと狙って」そうしているに違いない。なぜならば、バレー経験者の方ならわかるであろう、そう、普段の前衛からのアタックでは、彼女はきちんと基本通りの「ミート」が出来ている。初心者、あるいは経験者でもあまり巧くない選手では、狙ってもいないのに「ミート」が出来ずに、無回転になる場合がある。そういうのをバレー用語(?)では「ふかす」と言う。中垣内選手がデビューしたての頃、今でも鮮明に覚えている、決まるときのアタックもすごいけど、ミスでたまにおもいっきり「ふかし」てしまって、観客席まで直接飛んでいくアタックもあった。即ち、狙わずに「無回転になってしまう(=ふかす)」場合は、ボールはエンドライン付近でも落ちずに、浮いていってしまうのである。

B級レベル(草バレー(?)レベル)では、ジャンプサーブは実は全く怖くない。大抵ジャンプサーブを打つようなプレーヤーは、B級レベルでは相当巧いプレーヤーであり、当然のことながら「ミート」が極めて良い。ジルソン選手くらいのパワーがない限りは、少々パワーとスピードがあるジャンプサーブぐらいでは、かえって「ミートがいい」ためにボールのドライブ回転が素直にかかっており、ある程度レシーブに自信があるプレーヤーなら、簡単にカットできてしまう。逆に、下手なプレーヤーが、一か八かでジャンプサーブを打たれる方が怖い、、、。下手なプレーヤーは「ミートが悪く」、本人も狙ってもいないような、変な回転がかかったり、無回転に近かったりして、全くボールの軌道も読めないし、ドライブ回転が弱いために、カットしにくい。これを逆手にとっているのが、例えば東レの木村沙織選手のようなジャンピングフローターサーブである。ジャンプサーブではあるが、打つ瞬間にかなりコントロールをして打つために、フローターサーブと同じ「ミート」をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »