« リードブロック(その1) | トップページ | メグ(コウ)のジャンプサーブ(その1) »

2005年12月24日 (土)

リードブロック(その2)

少し話が変わるが、昔サイドアウト制の頃に、(確か都澤現筑波大男子監督だったと記憶するが、、、)バレーの試合の分析で、こういうものがあった。

試合の中で、サーブを打たれた側が「自チームの攻撃によってラリーに持ち込まれずにサイドアウトを一発で取る確率」と「サイドアウトを一発でとれずにラリーに持ち込まれたが、最終的に自チームの攻撃でサイドアウトを取る確率」とをデータで算出すると、強いチームも弱いチームも実は後者にはほとんど差がなく、差が出るのは前者である。

私はこれを実際に、自分の身の回りのレベルの試合でも当てはまる事実なのかどうか調べたことがあり、実際にある程度真実であった。従って、強くなるための一番手っ取り早い近道は、「サーブレシーブを正確にセッターに返して、確実に一発でサイドアウトを取れるための練習をすること」という結論が導き出され、現役時代は練習の大部分をそれに割いてきた。

時代が変わり、ラリーポイント制・ネットインサービス可の現行のルールになると、直感的には上記の結論はさらに重要性を増すように思えた。しかし、実際に1999年のワールドカップから、ラリーポイント制・ネットインサービス可が導入され、それを見ていると、少し懐疑的に思えてきた。確かにサーブレシーブが重要なのは事実であり、それが悪いと「まずスタートラインまでも立てない」のだが、終盤の20点以降の競り合いの中で、それを「勝ち抜く」チームと「負ける」チームとの差は、むしろ「ラリーに持ち込まれたプレーをいかに得点にするか?」ではないか?という印象がある。リードブロックを跳んだ後にいかに攻撃に繋ぐか?が重要な印象があるのは、そことも絡んでいるのである。

現行のルールのもと、かつ以前と違って「リードブロックが全盛の」今の時代で果たして、上記のことが真実たるのか?非常に興味があるのだが、残念ながら、今の私にそれを確かめるだけの時間的余力も体力も残っていない・・・。

|

« リードブロック(その1) | トップページ | メグ(コウ)のジャンプサーブ(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/7807870

この記事へのトラックバック一覧です: リードブロック(その2):

« リードブロック(その1) | トップページ | メグ(コウ)のジャンプサーブ(その1) »