« いったい何点とられるの?(その2) | トップページ | リードブロック(その2) »

2005年12月24日 (土)

リードブロック(その1)

今日は、Vリーグの中継はない・・・。ということで、以前途中で止まってしまった、「リードブロック」の話の続きでも書こうかな。

リードブロック、リードブロックと騒ぐけど、リードブロックは「ブロックとして」優れた戦術では決してない。ブロックが「シャットする」「ブロックポイントを取る」という、目に見える数字として出てくる側面から捉えると、リードブロックのように「相手のセッターがトスを上げたのを確認して跳ぶ」リードブロックよりも、相手のアタッカーをマークして「トスが上がる前から跳びにいく」コミットブロックの方が優れている。ところが、男子の世界でそうであるように、リードブロックが当たり前の戦術になっており、女子の世界でもそれを追っかけている。なぜならば、「組織として」考えたときにリードブロックは意味をなすからである。リードブロックの最大の売りは、「組織として」リードブロックを採用したとき、相手のどのような攻撃に対しても「ワンタッチを確実にとれるようになる」こと、あるいは「組織ブロックにより相手の打ってくるコースを制約し」て、「確実にレシーブする」ことにある。従って、リードブロックの恩恵を最大限に受けるには、そうやってとった「ワンタッチボール」や「チャンスレシーブボール」を、今度はいかに自チームの攻撃に繋げるか?が重要である。自チームの攻撃に繋いで、それを決めて初めて「1点になる」のだから。バレーは野球などとは違って、連続的に攻守が入れ替わるスポーツであり、一つ一つのプレーがぶつ切れではない。リードブロック、リードブロックというけれど、「その後」がより重要である。

リードブロックを採用すると、3枚ブロックが多用される。従って、「ワンタッチ」あるいは「チャンスレシーブボール」をもらった後、前衛のブロッカー達は、素早く下がって攻撃に参加しなければならない。これが結構難しい。レフトプレーヤーが相手のレフト攻撃に対するブロックに参加するということは、ライト近くに寄ってブロックするということであり、そこからすぐにアタックラインより後ろまで下がって、しかもレフト攻撃をそこから展開するというのは男子でも並大抵の運動能力で出来ることではない。ましてや女子選手ではさらに困難であるのは、予想がつくであろう。

現在男子の世界では、セッターが後衛にいる場合のラリー中に2段トスを上げるのは、前衛のセンターブロッカーになっている。センターブロッカーが両サイドに2段トス、あるいはバックアタックへのトスを上げるのである。男子は攻撃力が圧倒的であるので、それが一番理にかなっている。しかし女子は??男子ほどに2段トスやバックアタックの決定力のない女子で、同じことをしてもダメであろう。じゃあどうするのか?その方法を見付ける必要がある。まだそれについては模索段階と思われるし、各チームの特性を考えて最善の策を見付ければよいだろう。因みに、ラリー中でもセッターがトスを上げる場合には、男子ではさらに一歩先に向かっており、現在の世界チャンピョンのブラジルでは、ラリー中でも両サイドに早い平行、あるいは早いパイプにトスが上がる。

現在の女子Vリーグを見ていると、リードブロックを採用するチームが増えてきている。リードブロックそのものの完成度からいえば、NECが一番と思われる。しかし、前述の通り、要はブロックに跳んだ「その後」が一番問題なのである。残念ながら、今のNECはリードブロックにこだわるあまりに、その後の攻撃がむしろ疎かになっている。JTは寺廻監督だけに、ちゃんと「その後」まで考えているのは伺える(谷口選手などは昨年までには見られなかった、ラリー中の早い両サイドの平行やバックライトからの早いバックアタックをみせている)のだが、寺廻監督の誤算は「女子バレー選手の、特にセンタープレーヤーの運動能力の低さ」であったろう。「ワンタッチ」・「チャンスレシーブボール」を拾った後に、竹下選手がトスを上げられない際に、代わりにトスを上げられるセンター選手がいなかったのである・・・。

|

« いったい何点とられるの?(その2) | トップページ | リードブロック(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/7807398

この記事へのトラックバック一覧です: リードブロック(その1):

« いったい何点とられるの?(その2) | トップページ | リードブロック(その2) »