« いったい何点とられるの?(その1) | トップページ | リードブロック(その1) »

2005年12月18日 (日)

いったい何点とられるの?(その2)

で、元に戻って、NEC。要するに去年から、一番弱いローテーションが「裏レフト・表センター」の前衛2枚のローテーションである。去年は「高橋・杉山」両選手で、今年のグラチャン中断再開後の布陣では「有田(沙)・杉山」両選手の前衛2枚である。去年の決勝2戦目で、追い込まれていたパイオニアはそのローテーションの際に、本来センターのフールマン選手をレフトブロックにつかせ、本来レフトの榛沢選手と内田選手の2人で、NECの高橋選手のレフト平行にマンツーマンでつかせた。結果、それが大当たりしてパイオニアは連続得点をそのローテーションで稼いで一気に逆転し、試合の主導権を握った。結局残念ながら、杉山選手の攻撃は、相手のレフトブロックが高いと、コミットブロックでまったく通じなくなってしまい、苦し紛れのレフト平行も榛沢・内田両選手のいわば(失礼ながら)低いブロックでも、充分対抗できてしまうのである。そのローテーションをいかに回すか?がNECの今年の課題であったはずなのだが、結局1年経っても克服できていないようだ。いや、それどころか、今の布陣では、レフト側に左利きの有田(沙)選手がいて、しかもサーブカットをしなければならないため、事態はより深刻になっている・・・。先々週大阪府立体育会館まで見に行った時も、試合には勝ったものの、そのローテーションでひたすら連続失点していた。そして今日の第4セット、、、24-19でリードの場面で、そのローテーションに回り、案の定全くサイドアウトがとれずに逆転負け。うーん、何だかなぁ、こんなわかりやすいのってないよなぁ。でも何にも打開策が見つからないっていうのが、今のNECのチーム事情を物語るんだろうなぁと思ったりして。単純に考えれば、有田(沙)選手に代えて、右利きのウイングスパイカーを出すとかいうことだろうけど、多分そうするとよけいにカットが返らないんだろう、あとはこういうときこそ、わざわざオポジットに入れている松崎選手にパイプを打たせればいいのに、とか思うけど、セッターの大貫選手はひたすら杉山選手とばかり相談していて、結局チームとして、まだまだ松崎選手のパイプは信頼できる戦術になっていないんだろうなぁとか。うーん、深刻だ。

|

« いったい何点とられるの?(その1) | トップページ | リードブロック(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/7807093

この記事へのトラックバック一覧です: いったい何点とられるの?(その2):

« いったい何点とられるの?(その1) | トップページ | リードブロック(その1) »