« ブログはじめましたでぇ〜 | トップページ | "オポジット"とは? »

2005年10月 1日 (土)

"レセプション"と"ディグ"

レセプション "reception" とは?・・・サーブレシーブ・サーブカットのこと。最近では、特に女子バレーにおいて「キャッチ」という言葉も耳にするが、日本でしか通用しない。"reception" は "receive(レシーブする)" の名詞形であり、海外では「レシーブ」とは「サーブレシーブ」のことを指すのである。一方、サーブレシーブ以外のレシーブ、即ちスパイクレシーブや繋ぎのレシーブのことはディグ "dig" と呼んで区別する。要するに、"Best Receiver" とは「大会を通じてレセプション(サーブレシーブ)が最も上手だった選手」のことを指し、世界のバレー界で評価されるレシーブ力とは、「観客を惹きつける派手なファインレシーブ」ではなく「当たり前のように取るから目立たないレシーブ力」を指すのである。

|

« ブログはじめましたでぇ〜 | トップページ | "オポジット"とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/12838621

この記事へのトラックバック一覧です: "レセプション"と"ディグ":

« ブログはじめましたでぇ〜 | トップページ | "オポジット"とは? »