« ブロックシステム変遷(その2) - "パイプ攻撃"の完成 | トップページ | 女子バレーは男子バレーよりも »

2005年10月 4日 (火)

レセプションシステムの変遷

'84年ロサンゼルス・'88年ソウルと、オリンピック2連覇を果たしたアメリカ男子ナショナルチームは、現在のバレー戦術におけるブロックシステムの基礎とも言える、バンチ・リードブロックシステムを作り上げただけでなく、レセプションシステムにおいても、現在のバレー界の戦術の基礎を作り上げた。

彼らは2人レセプションシステムを導入、それまではほとんどのチームは4・5人で行っていたレセプションを、いきなり「2人」でやってのけたのだった。これには、当時の "ミスターバレーボール" カーチ・キライをはじめ、アメリカの選手たちは大抵みんなビーチバレー出身者であるということが大きく影響している。ビーチバレーなら2人でレセプションをすることは当たり前であるからだ。そしてその2人にはカーチ・キライはもちろんのこと、両レフトの2人が担当することになる。レフトのレセプション面での負担が非常に大きくなってしまう、この戦術を採るメリットは、他のセンター・オポジットの選手の負担を減らすことにより、それぞれにレセプション以外の面で高度な戦術をマスターさせることを可能にした、ということであった。まず、センターの選手がリードブロックをマスターできる結果に繋がった。一方オポジットの選手に関しては、強力なバックアタックを打つ能力をマスターさせることを可能にした。それまではレフトの選手が "エースアタッカー" と呼ばれ、スパイクもレシーブも巧い選手が配置されており、一方のオポジットは "補助アタッカー" と呼ばれ、どんなプレーもそつなくこなす、"繋ぎ" の巧い選手が配置されていたが、レフトのレセプション面での負担が極端に増えたため、むしろオポジットに、レフトの選手以上のスパイク力が要求される結果となったのであった。オポジットはセッターの対角に位置し、セッターが前衛の時は常に後衛にいる。つまり、前衛アタッカーが2枚の攻撃力が弱いときに、オポジットの選手にバックアタックを打たせれば、常時攻撃が3枚の状態が作れるわけである。バックアタックを中心として、それまでの "エースアタッカー" 以上の攻撃力が要求されるようになったために、そのような役割でオポジットに配された選手を、スーパーエースと呼ぶようになった。

ところが時代が進み、バンチ・リードブロックシステムが完成すると、それを切り崩すための新しい攻撃システムとして、両サイドの高速平行とパイプ攻撃を絡めた攻撃システムが、ブラジル男子ナショナルチームによって編み出されることとなる。両サイドの高速平行をレフトの選手が行うためには、上述の2人レセプションシステムを維持するのが事実上不可能となる。ポジショナルフォルトのルール上、レセプションを行う人数をレフトの「2人」に限定すると、レフトの選手がレセプションの直後に行える攻撃というのは、実は非常に限られてしまい、両サイドの高速平行トスを打つのは不可能なのである。そのため、'92年のバルセロナオリンピック当時のブラジル男子ナショナルチームは、レフトのジオバーニ・サムエルに加えて、センターに配された当時のキャプテン・ゴウベイアの「3人」でレセプションを行うシステムを採ることで、高速平行・パイプ攻撃を実現させていた。このレセプションシステムが、2人レセプションシステムの発展型として、バレー界でのレセプション戦術の基本となり、その後サーブ戦術におけるスパイクサーブの重視傾向が強まったことや'98年のルール改正でリベロ制度が導入されたことも相まって、両レフトの「2人」と、後衛センターが交代するリベロプレーヤーをあわせた「3人」でレセプションを行う形が確立する(リベロが後衛センターと交代する形が一般的なのも、この経緯が理由である)。

|

« ブロックシステム変遷(その2) - "パイプ攻撃"の完成 | トップページ | 女子バレーは男子バレーよりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/12911664

この記事へのトラックバック一覧です: レセプションシステムの変遷:

« ブロックシステム変遷(その2) - "パイプ攻撃"の完成 | トップページ | 女子バレーは男子バレーよりも »